FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

会社を設立するのが簡単すぎ

2014年05月22日
Ebayが、やられてしまいましたね~
社内情報がサイバー攻撃に遭ってしまい、利用者にパスワード変更を呼びかけているとのことです。皆さんのパスワードは無事でしたか?

Ebay

それにしても、オンラインで何でも買える便利さは、確かにとても魅力的ですが、こうした犯罪も増えるのも困ったものですね。それに、これはとても「おばさん的」な意見だとは重々承知ですが、パスワードがたくさんありすぎて、収拾がつきません!ひとつにしてしまうと、危険だし、いろいろと考えると、覚えられないし、書いておくのも危ないし・・・皆さんはどうしていますか?(やっぱり、おばさんですかねぇ)

と、パスワードなどにがんじがらめになる昨今、国税局をはじめとした、いろいろなお役所でも身分証明証提示が厳しくなってきています。でも、私が思うに、オーストラリアで会社を設立すること自体が、簡単すぎると思うのです。何だか、それだけ、すっぽりと抜けているような・・・

会社登録をする際に、オーストラリアでは、会計事務所や弁護士事務所は、専門の業者に依頼することが多いです。業者が送ってくるオーダーフォームには、ディレクターや株主の名前、住所、生年月日、出生地の記入が求められます。しかし、それが本当かどうかを裏付ける書類の提示は一切求められません。また、署名も必要ですが、その署名が本物かどうかを証明する必要もないのです。

要は、オーストラリア居住の人の情報がありさえすれば、会社は簡単にできてしまいます。 これって怖いですよね。現に、旦那の職場で、となりに座っている同僚に、ある日、警察から電話があって、「あなたは、xx社のディレクターですね?」って聞かれたそうです。もちろん、そんな会社の名前を来たこともありません。警察曰く、「xx社は、不正な取引をしたので、署まで来て欲しい」ということ。(「署まで来て欲しい」という表現は、刑事ドラマの見すぎでしょうか?)そして、もっと驚くことに、その人は、全く知らない5つもの会社のディレクターになっていたのです!完全にIDを盗まれてしまっていたんですね。

マネーロンダリングなどを心配する前に、この会社設立のプロセスを、どうにかしたらいいのにと思っているのは、私だけでしょうか?

スポンサーサイト
起業 | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。