FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

スーパーを見つけよう!

2015年02月10日
タイトルからして、スーパーマーケットを探す話だと思った人がいたら、大変失礼しました。
さて、ただ今、消費税申告の真っ最中・・・事業主の皆様お疲れ様です。

毎月、きちんとお給料を支払って、スーパー(年金)積み立てて、税金支払って・・・私が従業員だった頃には、そうしてもらって当たり前と思っていたことですが、自分がいざ雇用主になると、なかなか大変です。

今日も事務所で、お客様の消費税申告を用意していたM嬢、毎月のスーパーがきちんと支払われていないのではないかと、目を三角にして格闘していました。結局、きちんと支払われていてもとの可愛らしい顔に戻りましたが(笑)。

super 2

でも、きちんとスーパーを支払っていない事業主の皆さんは、ご注意です。ちょっと前までには、スーパーを支払っていない会社は、極端な言い方ですが、「潰してしまう」ディレクターさんがたくさんいたようですね。それは、ちょっと前までは、会社が事業を行っているのであって、ディレクターには個人的責任は及ばないということがまかり通っていたから。でも、現在では、スーパーをきちんと支払わないと、ディレクターさん個人に責任が及ぶようになりました。

期限までに支払われなかったスーパーは、きちんと書類を書いて、オーストラリア国税局(ATO)に支払い、そこから従業員が口座を持つファンドに振り込まれるようになっています。

ところで、オーストラリアでは、持ち主が分からなくなったスーパー積立額が、なんと140億ドル!おそらく、ATOが振り込もうと思ったけれども、情報がマッチしなくて、行き場のなくなったスーパーもあるはず。

もしも、こころあたりのある人は、MyGovというオーストラリア政府のサイトからアクセスして、ATOの個人情報を調べることもできます。このMyGov、ATOのほかに、センターリンクや、メディケアにもつながっていますから、便利です。パスワードなどを設定する必要があります。

https://my.gov.au/LoginServices/main/login?execution=e1s1

この他にも、専用のフォームに記入して、ATOに提出すれば、探し出してもらえる可能性もあります。
でも、できたら、スーパーファンドはいくつも持たないで、ひとつにまとめるのがいいですが・・・


スポンサーサイト
スーパーアニュエーション | コメント(0) | トラックバック(0)

年金をいつ引き出せる?

2014年11月03日
オーストラリアでは、国民の年金(スーパーアニュエーション)積み立てを政府がかなり奨励しています。例えば、雇用主は、従業員が18歳以上で、月額税込みで450ドル以上の給与を受け取っていれば、給与の9.5%(2014年/15年度)を、最低でも積み立てなければいけません。これを惰ると、雇用主には罰金や利息が課せられることとなります。

Super

普通に雇用されていれば、老後までに、まあ、結構貯金ができるシステムになっていますが、それでも老後にそれだけで生活できるのか・・・?と言ったら、結構難しいかもしれません。Super Guideによると、独身者が老後、快適に過ごすためには、年間で$42,000、夫婦であれば$58,000は必要だということです。

ということは、かなりの貯蓄がないと、快適な老後を過ごすのは難しくなります。中には、年金を引き出すことができる年齢になる前に、病気になったり、事故にあったり、人生何が起こるか分かりません。どんなに貯蓄しても多すぎるといことはありません。 計画していたより早くに年金を引き出す必要性が出てくるかもしれません。

ワーキングホリデーやビジネスビザなどの暫定ビザ保持者の場合には、オーストラリアを去った後に、年金を引き出すことができます。しかし、永住権や国籍を持っている人の場合には、年金を引き出すことができる年齢に達し、しかも仕事からリタイアしていなければ、引き出すことはできません。(65歳になれば、無条件で引き出すことはできます)「引き出すことができる年齢」とは、1960年7月1日以前に生まれた人であれば55歳、1964年7月1日以前に生まれた人は60歳・・・・と生まれた年により若干違ってきます。

この他にも、生死に関わるようなことや、絶体絶命の危機がある場合には、特別にその年齢に達していなくても引き出すことはできます。例としては、(生死に関わる病気を治すための)手術代が必要な状況になるとか、ローン返済ができなければ家を失って住むところが無くなるなどが挙げられます。

でも、間違った使い方をして、話題になり、テレビで取り上げられた人がいます。この人は、肥満体で、お腹の脂肪を減らさないことには、最悪の場合には生死に関わるという内容の手紙を医者から得ました。この人の家族には糖尿病、癌・・・などの病歴があるために、脂肪吸引の手術は必須不可欠なので、年金を引き出しての手術です。しかし、この後、更に20,000ドルを引き出し、豊胸手術までも受けたのです!これを見て、「年金を引き出して美容整形が出来るのね!」と思いこんでしまった人もかなりいたようで、問題となりました。

美しくならないと、殺されるとか・・・それだったら生死に関わるのかなぁとも思いますが、よっぽどの理由が無ければ、ある一定の年齢に達しないと、年金は引き出すことができないので、ご注意ください。

スーパーアニュエーション | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。