06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ロボットはいらないけど会計士探してます

2016年03月23日
つい最近のニュースなのですが、オーストラリアのDOMINO ピザの配達ロボット君、ご覧になりましたか?

Domino Robot

世界で最初のピザ配達ロボット君の登場です!
この子は、お店から半径20キロメートル以内ならば、センサーで障害物を感知しながら、配達できるとのことでうす。GPSで目的地まで到達します。注文時にもらったコードを入力すると、温かいピザがロボット君から出てくるということです。 まだ、試験段階なので、DOMINOは実現のために、オーストラリア政府に働きかけているとのことです。

やはり、人権費が高いオーストラリアだからこそ、配達のロボット化に一番乗りなのかもしれませんね。ファーストフードのピザ業界には、デリバリーというお仕事はとても大切です・・・が、人件費がすごいのではないかと思います。

そう考えると、今あるけれども、将来には存在しない職種って、結構あるかもしれませんね。 または、存在するけれども、今とは少し違った形になるかもしれません。ピザ屋さんは、デリバリーする人は必要なくなるかもしれないけれども、デリバリーロボット君を操縦管理するという仕事はできることでしょう。

会計業界も然り!オーストラリア国税局をはじめとしたデジタル化により、今までのコンピュータにインストールする会計ソフトから、インターネットさえあればどこでもアクセスできるクラウド会計が普及してきています。いつでもどこでも会計です!

こうなってくると、記帳は簡単になります。今でも既にできていることですが、銀行明細書は、黙っていてもコンピュータに流れ込んできますので、記帳する人は、それが何の経費なのか、割り当てるだけ(「もしかして、これはこの経費じゃない?」なんて、割り当てる時に聞いてきてくれたりすることもあります)、レシートは携帯の写メで会計ソフト(もうソフトとは呼べないけれども)に送れば良いので、これまでのように、レシートの山をひっかきまわすこともなくなります。

そして、インドなどに税申告書や決算書作成を外注するということも、最近の会計業界には起こっています。(もちろん、オーストラリアの公認会計士がきちんと内容最終を確認してからお客様にお送りしているはず)

すると、会計士の仕事は、もっとコンサルタント的なもの、見えないサービスが増えていくのかもしれません。 お客様に会う機会が減る傾向にあるのに、見えないサービスで頑張るっているのも、どうかと思いますが・・・

どちらにしても、当事務所は、クラウド会計はともかく、インドに外注はしないです!というよりも、生身のサービスができる会計士を、(まだ)探しています。 我こそと思う方、ご連絡ください。このブログへのコメントとしてではなく、メールください。
メールアドレスは、yoko@ybabs.com.au  
です。 お待ちしています。

コメントでの応募は、受け付けておりません。また、コメントを使っての税金や会計に関するご質問をいただいても、お返事は出来かねます。事務所へのメールやお電話でお問い合わせいただければ幸いです。

スポンサーサイト
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

マイナンバー?いいえオーストラリアではMyGov

2015年10月20日
ご無沙汰しております。

日本ではマイナンバーが全国一斉に配送されて、来年には利用されるようですね。とは言え、早くも詐欺被害が出ているようで、その意味では、既に利用が始まっているのかもしれませんね(汗)。

オーストラリアにも、Tax File Number (タックスファイルナンバー)という、納税者に与えられる番号が古くからあります。どうやら1930年から存在しているということです。略してTFNと呼ばれますが、この番号、国民だけでなく、納税する義務がある人、または事業体(会社、トラスト、パートナーシップなど)はすべて、取得することが義務付けられています。 このため、オーストラリアに住んでいなくても、TFNを持っている個人や事業体が存在します。 TFNは、オーストラリア国税局から発行されるもので、納税者の税金や年金(自分で積み立てるタイプのもの)の手続き上、必要となります。

その意味では、日本のマイナンバーよりは、狭い範囲で使用されていると言えるでしょう。

ところが、ここ2,3年ほどの間に、オーストラリアでは、Mygovというシステムが出来上がっており、これが日本のマイナンバーと近い性質のものになるかと思います。 オーストラリアの国民または永住権を持つ人が、それぞれ自分のMygov アカウントを作ります。 そこを通して、社会保障、税金、医療などの幅広い行政機関の個人情報にアクセスできるというものです。

Mygov.png


このMygov、便利そうなのですが、私たち会計事務所は、泣かされています。
オーストラリアでは、税申告を、税理士・会計士がお客様の代行で申告した場合、これまでは、Notice of assessmentと呼ばれる査定書が、すべて、担当会計士・税理士に送られてきました。 そのような流れにより、申告しっぱなしでなく、査定内容まで確認できるということになります。 ところが、このMygovの導入により、Mygovのアカウントを持つお客様の場合には、私たちのもとに査定書を送るようにと指定しても、送られてこない場合があるのです。 一体査定書はどこに行くのか?  それは、お客様のMygovアカウントにある受信ボックスに入ってしまうのです(それも必ずしもではないようです)。

オーストラリア国税局では、お客様の受信ボックスに送付しても、それが私たちにタイムリーに知らされないため、査定書がお客様に届いても確認が遅くなることが多々あります。 結局は、ひとりひとりの納税者について、直接国税局に問い合わせをしない限り、どうなったのかわからいということなります。 なんと、面倒なことか!

せっかくできて、国民に浸透し始めているMygovですが、 行政機関の対応がうまくできていないと、思わぬところで、思わぬ人たち(この場合、私たち!)が苦労することになります。 今、公認会計士協会をはじめとする各団体が、この改善も求めているようですから、そのうち、もっとスムースに事が運ぶようになることを祈るばかりです。 

マイナンバーも、みんなに浸透して、使いこなせるようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうですね・・・
それにしても、うちの両親(日本にいる)、マイナンバー使いこなせるか、心配。






その他 | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。