04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

完結 起業塾!

2014年08月26日
今日で6回目を迎えた起業塾、最終回です。
今日の講師はWeb Worldの杉山公一氏。「ネットビジネスとホームページによる集客」という大変「今」を感じる講義内容でした。当所のホームページも、最近、杉山氏にレニューアルしていただきました。これで集客バッチリと思いきや、まだまだ「やっていないこと」が多いことに気が付きました。 もっともっと、検索にひっかかる努力と技術を惜しまないといけませんね。

それにしてもネットは奥が深いことに驚きました。 SEO (Serch Engine Optimization 日本語で検索エンジン最適化)とSOSの区別もよくついていない私ですが 、そんなことを言ってはいられません。 プロのお知恵を拝借して、少しでもネットやホームページを利用していけたらと思います。

Kigyoujyuku 1

ところで、今日のセミナーにの裏はハプニング続きでした。
まずは、最後の懇親会にと思って注文していたサンドイッチが、届けられなかった・・・(ので、急遽おすしに変更)、そして、市役所から借りていたケーブルが、鍵がかかった他の部屋にしまったままになっていた、ケーブルにアクセスしたはいいが、サイズが不十分で、画面が青く光ってしまった、大きなケーブルはあるにはあるが、セキュリティーのかかった部屋に置いたままで取れずに立ち往生・・・最後には、会場の担当者の協力で事なきを得ましたが、なんてバタバタとしてしまったことか!

でも、最後に皆さんに感謝の言葉をいただいて、そんなハプニングがあったこと、忘れました。
講師として来ていただいた先生方、出席者のみなさん、最後にはみなさんでお片付けまでしていただいて、感謝です。

6回もある講義、みなさんお仕事があってお忙しいでしょうに、一生懸命お越しいただいて、私は嬉しかったです。

そして最後に、隔週の起業塾毎に残業してくれたAちゃん、Mちゃん、ありがとう!(またやるぞ~)
スポンサーサイト
雇用 | コメント(1) | トラックバック(0)

起業塾第4回 雇用法

2014年07月30日
昨日で起業塾も第4回となりました。昨日の講師は、DW LegalのFrank Dwyer氏。講義の内容は、雇用法/労働法についてでした。 ここオーストラリアは、従業員がかなり守られていますので、しっかりと法律を把握していないと、従業員に訴えられたり、労働局の監査で痛い目にあったりしますので、雇用主としては気をつけなければなりません。また、従業員にとっても、どこまで法律により自分の立場が守られているのかを知る必要があります。

Frank

Frank氏とは、結構長いお付き合いになりますが、あんなにたくさんの日本語をお話いただけるとは、とても驚きました。また、ご用意いただいた資料も実によくできていて、後で読み返したら、きっとためになります。また、例文にお好きな日馬富士とちゃんこ鍋を使われていたりして、とっつきにくい法律を楽しく解説してくださいました。

雇用の問題については、もちろん法律に従わなければならないのですが、それでも、「その場合は妥当であるのか?」などといった雇用主の判断が課される場合も多々あるようです。例えば、解雇を言い渡す場合には、何度か警告をして、それでも効果がなければ解雇ということになります。しかし、何度警告をしたら十分なのか?どのように警告をしたら良いのか? などは最終的には雇用主のさじ加減になるような気がします。 最終的には、どれだけ文書の形で証拠が残っているかというのが決め手になるようですが、なかなか難しいことですね。

よくテレビドラマや映画で、ボスがおまぬけな従業員に対して「お前は頸だ~!」なんてありますが、実際には、そんなことを言ったら最後ですよね。そう言いたい気持ちをぐっとこらえて、Frank 氏に相談されるのが良いかと思います。DW Legalのホームページはこちら!私も気をつけようっと!従業員は宝です。

http://www.dwlegal.net.au/Japanese.html
雇用 | コメント(0) | トラックバック(0)

事業主はつらいよ!

2014年04月21日
今日で4日間の連休も終わりですね〈涙)。でも、今週の金曜日はアンザック・デーで、またお休みです。短い一週間ですが、頑張りましょう!

Skip & Kris
息子と犬よ・・・今しばらく母を休ませてくれ!

さて、今日は、連休の最終日とあって、ランチを(一家で)おしゃれなカフェでいただきました。おいしくて、みんな満足だったのですが、やはり!祝祭日の追加料金15%が上乗せされていました。オーストラリアでレストランやカフェを経営している事業主の皆さんは、本当に大変だと思います。週末や祝日といった稼ぎ時には、従業員に追加でお給料を支払わないといけません。Restaurant Industry Award 2010 (MA000119)(レストラン業界に適用する労働法)によると、土曜日に働く従業員には、通常の1.25倍、日曜日には1.5倍、そして今日のような祝日には2.5倍を支払うことが義務付けられています。それを考えるとお客さんに15%を上乗せするのは仕方がないなぁと思ってしまいます。

サーファーズパラダイスなどの観光地だと、観光客さんが相手なので、高くても仕方ないなぁと思えるけれども、通常のショッピングセンターだと、相手は地元の人になります。だから、きっとそのせいで閉まっているお店も多いのかなと思います。小さいお店だと開けるほうが損をしちゃいそうですよね。

ただでさえ時給が高いオーストラリア、お客さんに追加でチャージしなかったら、事業主はやっていけないでしょう・・・


雇用 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。