FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

減価償却とアサイボウル

2014年04月30日
今朝は、仲良しのYさんと事務所近くのカフェで、気にになっていたアサイーボウルを試してみました。今、日本でも巷でも流行っている、アサイボウル(英: Açaí bowl)とは・・・ブラジル発祥のデザートで、ハワイで人気が出たらしいですね。どんなデザートかというと、アサイーのスムージーをボウルに盛りつけ、グラノーラやバナナやリンゴなど好みの果物をのせて食べるものです(と、これはWikipediaを参考にしました)。

アサイ―ボウル
結構なボリュームです。暑くて空腹の時にどうぞ。これ$9です。

そう、身体に良いのです。でも、私は、アサイ―ボウルがこんなに冷たいとは思っていませんでした。最近寒くなってきたゴールドコースト、しかも店内はエアコンがついていて、がくがく震えながら、私もYさんもアサイ―ボウルを食べました。身体が冷えて、かえって身体に悪いこと間違いなしでした…とほほ

ところで、そのハワイ(どのハワイ)の不動産ですが、日本の投資家に人気があるそうですね。しかも中古!
というのも、日本と違って、土地・建物の比率が、ハワイでは建物の方が大きくて60~80%で、しかも木造家屋の場合築22年を超えている場合には、4年で償却できるということ。ハワイの物件を賃貸に出しても、大きな償却を経費とすることにより、ハワイではロスを作り、日本の他の所得と相殺して税金上のメリットを得るという筋書きのようです。

オーストラリアでは、建物償却は、1987年9月15日以降に建てられたものに関しては、建築されてから40年の間に償却されます。ですから、年間で2.5%です。昔の私のボスは、土地・建物の比率は50/50だと言っていましたが、きっとこれは場所などの様々な要素によって違ってくるのだと思います(このブログを見ている不動産屋さん、どうぞコメントをください)。でも、償却が少ない=損だとは思わないでくださいね。というのは、売却するときに、多額の償却額をタックスリターンで経費申告していない方が得かもしれないのです。

もしも投資(賃貸)物件を将来売却する場合、減価償却を過去のタックスリターンで申告していると、建物のコスト自体が、その分下がることになります。売却利益は、売却額-コストから算出されるので、コストが下がると、売却利益が上がり、したがって、税金が多くかかるのです。

だ・か・ら、日本の投資家の皆さん、目先のことより将来のことを考えて、オーストラリアの新築不動産にも目を向けてみてくださいね~。




スポンサーサイト
所得税 | コメント(0) | トラックバック(0)

子どもの貯金

2014年04月28日
週末に久しぶりに会ったお友だち夫妻と3組で、Cocotteさんに行ってきました。
いつ行ってもおいしくて、地元のお客さんで賑わっている、私の大好きなレストランのひとつです。この日には、Swordfish(メカジキですよね?)のステーキがあって、まろやかなお味でした。自分で時々グリルとかしてみますが、どうもパサパサになりやすくて、流石はプロだと思いました!(というか私が下手過ぎるんでしょうか?)

CocotteさんのHPはこちら

ところで、その時に話題に出たのが、子ども名義の預金や投資のことでした。お友だちのご主人(M氏)の弟さんが亡くなった時の話です。この弟さん、若くして亡くなったので、お子さんがいませんでした。それで、遺産のうちの一部を、甥と姪であるM氏の子どもたちに残しました(ともに18歳未満)。そして、M氏は、子ども名義のマネージドファンドに入れておいたのですが、タックスリターンで申告をしていませんでした。そこから配当や利息収入が発生していました。

そして5年経ち、オーストラリア国税局から、多額の税金を支払うようにという痛いお手紙が来てしまったとのことです。これは、やはりM氏のお子さんが18歳未満だったのと、お金がお子さんたちに託されていたということが原因だと思われます。

Child Saving

オーストラリアでは18歳未満は、Minorと呼ばれて、お給料以外の所得があった場合には、45%も課税されてしまいます(非課税額は$416で、$416~$1307の場合には、$416を超えた額に66%、$1308以上だと45%の課税です)。

しかし、もともとの投資額が親のもので、親が好きな様に使うことができ・・というシナリオならば、親が自分のタックスリターンで申告することができます。例として、私がゴールドロットに当たって、$5000を13歳の息子名義の口座に入金します。口座の署名権は私が持っていて、息子名義の口座から、息子の教育費に支払いをしていたとします・・・この場合には、私のタックスリターンで息子の口座から得られる利息を申告することができます。

一方、もしも息子がおじいちゃんにもらったお年玉やクリスマスで親戚からもらったお金、お手伝いをして得たお小遣いを銀行口座に入金したとします。署名権は私にあります。この場合、利息が発生したら、これは息子のものとなりますので、金額次第では、息子のタックスリターンを申請しなくてはなくなります。

ですので、M氏の弟さんがM氏にお金を残して、それをM氏が子どもたちのファンドに投資したら、M氏は、多額の税金を支払う必要がなかったかもしれません・・・

ゴールドロットにも当たらないし、息子はお手伝いしてもすぐに野球用品にお金をつぎ込んでしまうので、我が家は心配しなくても良さそうです。

所得税 | コメント(0) | トラックバック(0)

安全運転を!

2014年04月27日
先日から、車のことばかり書いてすみませんが、昨日、家の近くの大きなラウンドアバウトで、その中心に乗り上げた車を発見!警察のテープでぐるぐる巻きになっていました。どうやらスピードの出しすぎで、乗り上げてしまったらしいのですが、怪我人はいなかったということです。

Roudnabout 1

この車を発見した時、ちょうど17歳の次男の運転練習中でした。オーストラリアにお住まいの方はご存知の通り、オーストラリアでは、16歳の誕生日を迎えたら、仮免の筆記テストを受けることができます。30問のテストで、次男曰く最低でも27問は正解しないと仮免は取れないようです。その後、100時間の路上経験を積みます。その100時間は、免許証を持っている人が隣に座ってということになります(そのうち10時間は日没後)ので、通常は、親が犠牲(?)になります。

我が家では、最初、オートマチックで練習しますが、最終的にはマニュアルの免許を取るという試練が待っています。これは、「男子たるものマニュアル」という、オーストラリア人ながら昭和の親父のような旦那が決めたことです。

それにしても・・・・日本と違って、いきなり路上ですから、隣に座る親は怖いです!数年前、長男が路上の練習を旦那としていて、帰ってくるのが遅い時がありました。私は心配して、電話をすると、旦那の「長くは話せない!」という緊迫した返事の後に、「あぁぁぁ~!!」という絶叫が聞こえ、電話が切れたということがあります。後で聞いたら、高速道路に入るときに、壁に近づいただけだったのと、やはり「息子の運転が怖い」という意識のために発生した絶叫だったらしいです(汗)。

とにかく、その100時間の経験を積み、17歳の誕生日が来たら、本番の試験を受け、合格すれば免許が取れます。そして、最初の一年は、通称「赤P」 をいう赤いPというサインを車の前と後ろにつけて、運転します。そしてその後は「緑P」になり、緑Pを2年経て、晴れて通常の免許を得ることができます。

次男はあと10時間も運転すれば、本番の試験を受けることができますが、くれぐれもラウンドアバウトに乗り上げるような荒っぽい運転はしないで欲しいと祈る母です。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

事業用の車

2014年04月25日
今日は、Anzac Dayということで、またお休みをいただきました。
久しぶりに、サーファーズパラダイスに、犬君と旦那とお散歩に行ってきました。たくさんの人でにぎわっていました。犬君は、残念ながら免許証を持っていませんので(それだけの問題ではありませんが)、運転できませんが、やる気は満々なようです。

Skip Driving

ところで・・・・事業主をしていると、「いい車に乗りたいな~」なんていう誘惑はありませんか?
古い言い方ですが、「一国一城の主」になったんですから、ちょっとは思いますよね。
では、事業用の車、買う方が良いのでしょうか?それとも融資を受ける方が良いのでしょうか?
もちろん、最後には個人の好み(借り入れを嫌う人もいるかと思います)や、どれだけ自由になるお金があるのかによるかと思います。

税金のことを考えると・・・・手持ちのお金で事業用の車を買うと、その減価償却額や、ガソリン代、保険、登録、そしてメインテナンス代のみが経費の対象となります。一方、融資を受ける場合には、この他にも、返済額にかかる利息も経費の対象となります。税金面だけを考えると、確かに融資を受ける方がお得ですが、キャッシュフロー(手持ちのお金の流れ)のことを考えると、買ったほうがお得になります(利息を支払わなくてよくなるので)。

とは言え、日豪間のEPA 交渉がうまくいって、日本車の価格が下がると予想されてはいますが、車はやはり大きな買い物です。一括でお支払いするのは懐が痛いですよね。そうなると、やはり融資を受けるという選択しかなくなりますね・・・

オーストラリアでは、車の融資を受けるのに、銀行からお金を借りてという方法ももちろんありますが、カーディーラーのところで、Hire Purchase(HP)やChattel Mortgage(CM)という方法で融資を受けることができます。 このふたつの違いについては、また今度説明させていただくとして、HPでもCMでも、契約時に、車両代にかかる消費税全額を、消費税申告の際に、還付として受けることができます(支払った消費税が全額戻ってくるんです!)。 ただし、事業が消費税に登録していることが原則となり、消費税の登録方法により、還付してもらえない場合がありますので、必ず契約時に、会計士さんに相談してくださいね! この方法で、完済したら、その車を引き取ってもらって、また新たに新車にするという事業主の方、たくさんいらっしゃるようですよ!まさに、事業主の醍醐味!?

Surfers on Anzac Day
午後は影になってしまって、ちょっと残念なサーファーズパラダイスのビーチ

BUS
すごいパーティバスだと思ったら、何と結婚式のバスでした(汗)
事業 | コメント(0) | トラックバック(0)

切手の値段上昇

2014年04月23日
皆さんは、普通郵便の切手の値段が、4月1日から上がっていたの、ご存知ですか?
事務所で、いつも100枚単位の切手を買っておくのですが、残りあとわずかだったので、近くのOffice workに買いに行ったのが、2週間ほど前。しかし、60セントから70セントに上がったので、もう60セントの切手は無いということでした。郵便局にはよく行く方ですが、全然広告が出ていなかったような気がします・・・オーストラリアって、今まで見ていたテレビ番組が無くなるとか、何かの値段が上昇するとか、変化に対して、事前にあまり宣伝しない国だとは思っていましたが、切手もでした・・・

で、今日は、残りの60セント切手と足して使うために、10セント切手を買いにいったら、「無い」というお返事・・
(あっ、後から入荷するらしいですが)

それにしても、つい最近50セント(でしたか?)から60セントになったと思ったら、もう70セント・・・やっぱり、メールなどの方が、楽だし、お金かからないしってなっちゃうのかなぁ?最近、自宅の郵便受けに入ってくるのは銀行明細書か請求書だけだから、ちょっと味気ない気はしますが・・・

Frozen Ice Cream
事務所近くで買ったフローズンアイスクリーム、さっぱりしていておいしかった!
ひとつ3ドル也。余った60セント切手5枚と取り替えてくれないかな?



未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

タックスリターン申告の締め切り

2014年04月22日
連休明けの仕事はつらいですね~
今日は、自分に喝を入れるためにも、申告締切について書いてみますので、お付き合いください。

Tax Time

オーストラリアの会計年度は7月1日から翌年の6月30日。ということは、普通で考えると、会計事務所というのは7月から10月ぐらいが忙しいのかな・・・?と思いますよね。でも、今、忙しいのです!威張っているわけでもないし、嘆いているわけでもないです。それどころか、感謝しています!でも、忙しさの原因というのは、2012年7月1日から2013年6月30日である2013年度の決算書や税申告の準備をしているためです。・・・そうです!約1年前の仕事を今しているんです。

これには、オーストラリア国税局が設けた気の長い申告期間に理由があります。
そもそも、自分でEtax などを使って申告をする人たちは、10月31日までに申告することが義務付けられているのですが、私どものような会計事務所をご利用いただくと、何と、最長で翌年の6月5日まで申告期限が延長されるのです。ただし、その決まりというのが、ちょっとややこしいので、締め切り日を以下にまとめますね(2012年7月から2013年6月の申告を例とします)。

まずは自分で申告する場合には例外なく以下のみ
・自分で申告する人(個人でも、会社でもトラストでも、何でも)― 2013年10月31日

会計事務所を通す人や事業
・申告とともに納税ができる/納税の必要がない個人、トラスト、パートナーシップ ― 2014年6月5日
・納税義務がある会社― 2014年5月15日
・納税義務がない会社― 2014年6月5日

ただし!前年度に期日通りに申告していない場合には、上記の延長が認められない場合もありますので、必ず会計事務所さんに確認してもらいましょう。反対に、病気だった、自然災害に遭ってしまったなど、大変な理由がある納税者に対しては、オーストラリア国税局は、最長で4週間の延長を認めてくれる場合もありますから、そんな場合にも、これまた会計事務所さんに相談してみてくださいね。

という訳で、今年もお陰様で、6月の初めぐらいまで忙しそうですが、1か月もたたないうちに翌年度に入り、今度は個人のタックスリターンで忙しくなります。なんだかデジャヴのような人生です。そして、最後に告白します。実は、私、自分のタックスリターン(2013年度)まだ申告していません!6月7日までになんとかしないといけません。「医者の不養生」ならず「会計士の怠慢」でした。でも、お客様の分は、間に合わせていますから、ご安心を!
所得税 | コメント(0) | トラックバック(0)

事業主はつらいよ!

2014年04月21日
今日で4日間の連休も終わりですね〈涙)。でも、今週の金曜日はアンザック・デーで、またお休みです。短い一週間ですが、頑張りましょう!

Skip & Kris
息子と犬よ・・・今しばらく母を休ませてくれ!

さて、今日は、連休の最終日とあって、ランチを(一家で)おしゃれなカフェでいただきました。おいしくて、みんな満足だったのですが、やはり!祝祭日の追加料金15%が上乗せされていました。オーストラリアでレストランやカフェを経営している事業主の皆さんは、本当に大変だと思います。週末や祝日といった稼ぎ時には、従業員に追加でお給料を支払わないといけません。Restaurant Industry Award 2010 (MA000119)(レストラン業界に適用する労働法)によると、土曜日に働く従業員には、通常の1.25倍、日曜日には1.5倍、そして今日のような祝日には2.5倍を支払うことが義務付けられています。それを考えるとお客さんに15%を上乗せするのは仕方がないなぁと思ってしまいます。

サーファーズパラダイスなどの観光地だと、観光客さんが相手なので、高くても仕方ないなぁと思えるけれども、通常のショッピングセンターだと、相手は地元の人になります。だから、きっとそのせいで閉まっているお店も多いのかなと思います。小さいお店だと開けるほうが損をしちゃいそうですよね。

ただでさえ時給が高いオーストラリア、お客さんに追加でチャージしなかったら、事業主はやっていけないでしょう・・・


雇用 | コメント(0) | トラックバック(0)

起業塾開講のお知らせ

2014年04月20日
ブリース洋子公認会計士事務所では、これからオーストラリアで起業をする方または既に起業された方を対象に「起業塾」を開講いたします。全部で6回のコースを考えていますが、ご希望により回数を増やす可能性もあります。
それぞれの専門家が講義を行います。只今計画しているトピックは以下の通りです。

- 最適な事業機構(個人経営・会社?など)と税金について
- 記帳方法
- ビジネス購入やリース契約
- 雇用について知っておくべきこと
- 融資を受けるために知っておくべきこと
- 事業に必要な保険
- ホームページによる集客

この他にも「是非知りたい!」というトピックがあれば、お知らせください。
場所はサウスポート図書館を予定しておりますが、お仕事をされている皆さんのご予定にあわせて、夕刻にも講義を開けるところを物色中です(コミュニティーホールが良いのでは?とご提案くださった受講ご希望の方、ありがとうございます)! 開講開始は、5月後半を予定しておりますが、詳しい場所や日時が決まり次第、お知らせいたします。

受講希望者は、4月30日までに当所事務所のホームページの「お問い合わせ」からお申し込みください。
           ↓
ブリース洋子公認会計士事務所

尚、当所のホームページ、ただ今更新中です。よりたくさんの人にご利用いただけるように、見やすく、そして使いやすいHPが近日中に完成しますので、乞うご期待!

定員20名となり次第締め切らせていただきます。尚、お申し込みの際に、特に興味があるトピックをお知らせいただければ幸いです。皆さんのお申し込みをお待ちしております!

スキップ起業

我が犬よ!昼寝を起されたのに、協力ありがとう!
セミナー | コメント(0) | トラックバック(0)

新しいパン屋さん

2014年04月18日
今日はイースターフライデーで、ほとんどのお店はお休み。
でも、最近気になっていた、サウスポートに新しくできたパン屋さんは開いていました。
K Townのところにあるので、99%韓国人経営だと思いますが、その名もBread Time。カメラを持っていなかったので、お店の感じをお見せすることはできませんが、店内は、日本のケーキ屋さんのようです。ケーキもありますが、種類豊富なパンが、おいしそうです。私は、メロンパンとアンパンしか食べたことがありませんが、おいしかったですよ!

今日は、おやつにケーキやプリンを買いました。
Honey Pudding(はちみつプリン)なるものがありました。私と店員さんの会話(店員さんは韓国人だと思われますので、英語)
私:「Honey Puddingって何ですか?」
店員さん:「はちみつが入ったプリンです」
私:「じゃあ、カスタードプリンみたいな感じですか?」
店員さん:「いいえ、はちみつが入ったプリンです」
私:「じゃあ、卵は入っていないんですか?」
店員さん:「はちみつが入っているんです」
私:「へぇ、じゃあ、ためしに買ってみます」
店員さん:「おいしいですよ。卵と牛乳とはちみつが入ったプリンですから」
私:「!?」

結局、チーズケーキ2つとチョコレートケーキひとつと、Honey Pudding2つを買って、13.10ドルなり。おいしかったですが、店員さんとの会話は一体なんだったのでしょうか・・?要するにはちみつが入ったプリンなんですね。

Bread Time ケーキ
もちろん手前は「はちみつプリン」

Bread Timeパッケージ
日本のミスタードーナッツを連想させるかわいい紙袋に入れてくれました

ここには、おまんじゅうも売っていましたよ。

食べることばかりで恐縮ですが・・・
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

頑張りすぎるオーストラリア国税局

2014年04月17日
明日から来週の月曜日までの4日間、オーストラリアはイースターホリデー(キリストの復活を祝います)に入ります。クリスチャンの旦那は、明日は、朝から息子たちを教会に連れて行こうと、張り切っています。そして13歳の末の息子は、(13歳なのに)日曜日のイースターエッグのハンティングをひそかに楽しみにしています。(イースターエッグハンティング:卵やウサギの形をしたチョコレートを、庭のいたるところに隠して、小さい子どもたち〈何度も言いますが、末の息子は13歳〉が見つけてまわります。イースターバニーと呼ばれるウサギさんが、庭に隠したので、見つけよう!というものです。
ということで、事務所は月曜日までお休みさせていただきます!

ところで、今日は朝からコーヒーを飲みたい気分で、通勤途中にあるAshmore Cityというショッピングセンターにあるコーヒー屋さんに行ってきました。日本にはよくある「アメリカン」がここにはあるんです。ちょっと見えないかもしれませんが、メニューの下の方に、Americanoというのがあります。お姉さんいわく、薄いコーヒーで、少しだけミルクを入れるメニューだそうです。私は、ここのアイス・ラッテが好きで、このAmericanoはまだ試していません。 ここのコーヒーおいしいので、このAmericanoもおいしいのかも!?

アメリカンコーヒー1

そんな良い気分も、オーストラリア国税局(ATO)の頑張り過ぎと頑張らなさ過ぎで、今日は気分が悪くなりました。
(お客さまではない)知り合いで、2012年度のタックスリターンをしていな人がいて、前触れもなく670ドルもの罰金をかけてきました!この人、まだ18歳で、アルバイトの収入が非課税額に達していません(6000ドル未満)・・・あまりにも所得が低いから、申告する必要がないと思っていたようです。14年間、この業界にいますが、こんな仕打ちは見たことがありません・・・早速申告したので、罰金は免除されるかなと期待しています(非課税額だったとATOも納得するはずなので)。今まで収入が非課税額なので、10年ぐらい出していない人もいましたが、罰金を取られたというのは、正直見たことなかったので、本当にびっくりです!(ちなみに2013年度の非課税額は$18,200です。)

ということで、今までゆるかった(と私は思います)ATOですが、最近は、本当に頑張っていますから、TFNを持っていて、これまで申告をしたことがない人は、要注意になってきました。でもお問い合わせは、くれぐれも当所ホームページからお願いします!↓

ブリース洋子公認会計士事務所

一方、当所スタッフが、ATO発行の「とある」フォームについてATOに問い合わせたところ、その存在自体もATO担当者は知らなかったという「頑張らなさ過ぎ」事件もありました。トホホ・・・

所得税 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。