03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ゴールドコースト日本商工会議所セミナー

2014年04月15日
今日の午後に、ゴールドコースト日本商工会議所主催のセミナーに行ってまいりました。
講師は、在オーストラリア日本国大使館公使の今村朗氏でした。
内容は、アボット豪首相と安倍総理大臣との先日の首脳会談のまとめ、特にEPA交渉については、とても興味深いものがありました。基本的には、日本とオーストラリアは、これまでの「戦略的パートナー」の関係を新たに特別な関係に引き上げるとのことで、何やら良い方向に進んでいるように思われました。

また、セミナーの後半では、在オーストラリアの日本企業から寄せられた「嘆願書」いえ、「お願いリスト」をオーストラリア政府側に打診した結果についてお話いただきました。もちろん、オーストラリアという国にとって、すべてのお願いを聞くというのは至難の業だということは、よく承知しておりますが、それでも「よくぞ聞いてくださいました!」という気持ちになります。このセミナーの詳細については、後ほど商工会のホームページでご報告があるかと思いますので、是非(明日あたり)見てみてください!↓
ゴールドコースト日本商工会議所

セミナー写真

セミナーの後には、今村氏を交えて、皆さんと楽しくお話してきました。
その時に、普段事務所で「こんなだったらいいのに」と思っていることを、お話してみたら、どんどん言ってください!という嬉しいお返事でしたので、ここでも言っていいですか?

(1)オーストラリアの最低賃金が高すぎます!小規模の事業主は大変苦労されていると思います。どうにかならないものでしょうか?うちの19歳の息子の時給が$18.55って、いいのでしょうか!?(我が家でお手伝いしてもそんなにあげませんよ。それとこれとは違いますか?)

(2)ワーキングホリデーの人にもスーパーアニュエーション(年金)を積み立てるというのはどうなのでしょうか?そもそも、オーストラリア政府は、国民が老後も自分の面倒を見れるように年金積立を奨励しているのだと理解しています。ワーキングホリデーの人は長くても2年しか、オーストラリアにいることはできません。帰国するときに35%の税金を徴収して、残金を返してあげていますが、手続きはとても面倒です。これならば、最初からワーキングホリデーの人には賃金を少し多めに払ってあげたら良いのではないでしょうか?(オーストラリア居住の人だけスーパーを積み立てるということにすると、きっと雇用問題が発生しますから、ワーキングホリデーの人の賃金を上げることで、バランスをとるという考え方)

他にも「こんなだったらいいのに」と思っているリストがあるのですが、また今度披露させてください。でも最後に「こんなだったらいいのに」と思っていることがあるので、それだけ!

日本向けに輸出されるオージービーフ、ヒュー・ジャックマンあたりが宣伝したらいいのに!
セミナー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |