05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

節税できたらいいのですが・・・

2014年06月09日
やっと、2013年度の税申告終わりました!
オーストラリアでは、会計事務所を通して税申告をされるお客様は、申告期間が1年近くあります。

2013年6月30日閉めの申告は、基本的には翌年の5月15日まで延長されます。しかし、個人とトラストの場合、6月5日まで延長されます(納税も6月5日が最終期日)。会社、パートナーシップ、スーパーファンドについては、もしも前年度も今年度も還付があるか、または納税義務が無い場合には、6月5日までの延長となります。 

ということで、毎年そうなのですが、6月5日を過ぎると、燃え尽きた感じになってしまって、何もする気がなくなります・・・しかし、今日は6月9日です。そういつまでもボーっとしているわけにも行かず、掃除、洗濯、たまっていた自分のレシートの整理、ついでに犬のお風呂と、一挙にがんばってみました。 

Elephant
昨日の子どものサッカーカーニバルで見た雲・・・鼻なし象さんに見えませんか?

あと21日で、6月も終わって、新しい会計年度です。 2014年度は、納税しなくっちゃかな?と思う皆さん(個人納税者)に、ちょっとだけ簡単な節税対策を・・・

まずは、もしも寄付を考えているのであれば、6月30日までに寄付しましょう!毎月寄付を定期的にしている人がいたら、半年分とか1年分をまとめて払うのも良いでしょう!ただし、寄付する団体は、必ずDeductible Gift Recipient(DGR)であることを確認しましょう。以下のサイトで確認できます。

http://abr.business.gov.au/

折角寄付しても、DGRでない団体への寄付だと、皆さんのタックスリターンで経費となりませんから、ご注意!

それから、2014年度から、所得が$180,000以上の納税者に対して、追加で2%の税金が課せられることが予算案で言われています。ですから、会社からスーパーや駐車場など、できるものはお給料から天引きしてもらう手続きをしましょう。
定期口座をお持ちの方は、満期が翌年度になるようにしておくのも手でしょう。

最後に、当たり前のことかもしれませんが、経費になりそうなものは、6月30日までに支払っておきましょう。 投資物件をお持ちの方は、できる修理をしてみるのはいかがですか? また、Income Protection の保険に加入されていない方は、しておくと保険料が経費となりますよ。

スーパーも、税金対策としては、$25,000積みたてられます。2013年6月30日時点で59歳以上の方は、$35,000までです。しかし、対象となるのは、お給料からの所得が全体の所得の10%未満でなければならないという決まりがありますので、ファンドへの積立を考えている方は、会計士さんか、ファイナンシャルプラナーさんに相談されるのが良いと思います。

6月30日前に、会計士ならではの忘年会を開こうかな? でも来てくれるのは会計士さんだけですよね。
所得税 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |