FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

起業塾第4回 雇用法

2014年07月30日
昨日で起業塾も第4回となりました。昨日の講師は、DW LegalのFrank Dwyer氏。講義の内容は、雇用法/労働法についてでした。 ここオーストラリアは、従業員がかなり守られていますので、しっかりと法律を把握していないと、従業員に訴えられたり、労働局の監査で痛い目にあったりしますので、雇用主としては気をつけなければなりません。また、従業員にとっても、どこまで法律により自分の立場が守られているのかを知る必要があります。

Frank

Frank氏とは、結構長いお付き合いになりますが、あんなにたくさんの日本語をお話いただけるとは、とても驚きました。また、ご用意いただいた資料も実によくできていて、後で読み返したら、きっとためになります。また、例文にお好きな日馬富士とちゃんこ鍋を使われていたりして、とっつきにくい法律を楽しく解説してくださいました。

雇用の問題については、もちろん法律に従わなければならないのですが、それでも、「その場合は妥当であるのか?」などといった雇用主の判断が課される場合も多々あるようです。例えば、解雇を言い渡す場合には、何度か警告をして、それでも効果がなければ解雇ということになります。しかし、何度警告をしたら十分なのか?どのように警告をしたら良いのか? などは最終的には雇用主のさじ加減になるような気がします。 最終的には、どれだけ文書の形で証拠が残っているかというのが決め手になるようですが、なかなか難しいことですね。

よくテレビドラマや映画で、ボスがおまぬけな従業員に対して「お前は頸だ~!」なんてありますが、実際には、そんなことを言ったら最後ですよね。そう言いたい気持ちをぐっとこらえて、Frank 氏に相談されるのが良いかと思います。DW Legalのホームページはこちら!私も気をつけようっと!従業員は宝です。

http://www.dwlegal.net.au/Japanese.html
スポンサーサイト
雇用 | コメント(0) | トラックバック(0)

寄付と税金控除

2014年07月27日
この時期になると、寄付を頼まれることが多くなりませんか?
赤十字、病院などから、電話がかかってきたり、子どもがスポーツクラブからラッフルチケットを持ってきたりします。
こういうのって、断ると、「冷たい人」になった気がするので、私は断るのが苦手です。でも、そうそうみんなに寄付できるわけでもないので、どこかで境界線を引かないといけないですよね・・・

Donation

ところで、全部の寄付が税金の控除となるわけではないことをご存知ですか?寄付する相手が、Deductible gift recipient(略してDGR)である場合には、寄付した金額が2ドル以上である場合には、寄付した人は、タックスリターンで経費として控除できます。しかし、相手がDGRでない場合には、残念ながら控除の対象とならないので、ご注意!寄付をお願いする方は、大抵の場合、DGRですが、もしもはっきりしない場合には、以下のサイトで、Australian Business Nameまたはその団体の名前で、検索することもできます。

http://www.abn.business.gov.au/

しかし、寄付する相手がDGRかどうかで寄付をするかしないかと決めるという人は、もしかしてあまりいないのかもしれないし、それが寄付の本来の姿ではあるのかもしれませんね。 東日本大震災が起こった時に、縁があって、ゴールドコーストで募金活動をして、日本赤十字に(ある団体経由で)送金しました。残念ながら、日本赤十字は、オーストラリアではDGRに登録されていないので、寄付した人たちは、タックスリターンで寄付として申告できなかったし、それをお伝えしたのにも関わらずたくさんの寄付をしてくださいました。

商売柄、税金を減らせるかどうかばかり考えてしまいますが、時として、そんなことよりも大切なことを見失いそうになるので、気をつけないといけないです。

ところで、また息子がサッカークラブからラッフルチケットを持ってきました。この前は、たくさんのチョコレート・・・弱気な私は、いつも自分で全部買うはめになります・・あ~


所得税 | コメント(0) | トラックバック(0)

サーファーズに行く一番安い方法とは!?

2014年07月24日
いよいよトラムが開通しましたね~
まだ乗っていませんが、日曜日は無料で開放したせいか、かなりの混雑だったと聞いています。今週、通勤途中でトラムを見かけしたが、わりと利用している人が多いようですね。

ピカピカ路面電車

ところで、今日は、用があって、事務所があるサウスポートからサーファーズパラダイスに車で行きました。サーファーズパラダイスにある市役所の駐車場は、ご存知の方も多いかと思いますが、6月30日までは最初の2時間まで無料だったのが、今月から有料になりました。一時間につき2ドル30セントです。今日は、用事を済ませて、ちょっとコーヒーを買ったりしている間に、1時間が過ぎてしまい、しっかり4ドル60セント取られてしまいました(高くついたコーヒーです)。

今後のために、サウスポートからサーファーズパラダイスまでをトラムで往復したらどうなんだろうと思って、少し調べてみました。何と、この距離は2区間になります。 Go Card(日本のSuicaのようなものです)があれば、少し安くなって、片道で4ドル14セントです。オフピーク(月曜日から金曜日までの8:30から15:30または19:00以降、または週末は終日)ならば3ドル32セントになります。ちなみに、Go Cardがないと片道6ドル10セントです。 サーファーズパラダイスに行く場合、用件が8:30から15:30で、3時間以上かかるのであれば、トラムの方が少し安くなる計算ですね(もっともガソリン代がかかるので、2時間半ぐらいならばトラムの方がお得になる感じでしょうか?)

こう考えると、市役所の駐車場を有料にしたのは、トラムにみんなを乗せようというゴールドコースト市の魂胆があるような気がします。物価が高いので仕方がないと思いますが、もう少し、気安く乗れる値段になりませんかね~ 学割や年金を受ける資格がある人は、少しお安くなるようですが・・・



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本のドラマを家族と見てみる

2014年07月22日
この前日本に行った時に、飛行機の中で、ずっと借りていて見ていなかった日本のドラマを見ることにしました。結構泣ける内容のドラマでした。 4話目の途中ぐらいで、座席の下から取るものがあって、ちょっと画面をずらしたところ、「動かすな!」という旦那の声がしました。普段、日本のドラマなんて・・と、ちょっと小ばかにしている人なのですが、たまたま、私が見ていたドラマは、英語の字幕が出るものだったので、かなり見入っていたようでした。見ると、(泣ける内容のせいで)涙ぐんで見ていたようです。

DVD

それ以来英語の字幕がでるDVDやYoutubeが好きになった模様です。小ばかにしていたわけではなかったんですね~。内容が分かったら、面白いものたくさんありますものね!

でも日本のドラマの字幕がでるDVDって、やはり海賊版が多いようで、翻訳がとっても怪しいですね・・・しかも、気が付いたのですが、ドラマの最終回以外は、きちんと翻訳しているのに、最終回で翻訳がひどくなるように思います。このせいで、せっかく盛り上がっているのに、最後は興ざめになるという想いを2回味わってしまった旦那です。(かわいそう)

すごいのが、「友樹」という名前の子どもが出てくるドラマで、最終回までは、きちんとTomokiと訳してあったのに、最終会では、Friend Treeと訳されていたこと(本当の直訳!)。 そして、「おばちゃん」(親戚ではなくて、親しみを込めて少し年配の女性を呼ぶときの「おばちゃん」)が、Aunty Chanになっていていたのも驚きでした(アグネス・チャンの親戚か何か?)。

最終回まで訳すと疲れるのでしょうか?それとも海賊版を見てしまった罰なんでしょうか?

でも、海賊版の英語に頼りながらでも、家族みんなで日本のドラマを見るのって、楽しいです。






未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)

海外でオーストラリアの人が仕事をした場合とその反対

2014年07月20日
今年で大学を卒業する長男が、先日日本から帰ってきて、「日本で英語の先生してみようかな?」って言っています。サッカー大好きで気持ちはイギリスに向いていたのですが、この前日本に行ってきて、心境の変化が起こったようです。日本には、赤ん坊の頃からの幼馴染が2人行っているのもあるのだと思います。それと、多分、どこに行っても食事が安くゲットできるというのも、(まだ)育ち盛りの長男には魅力なのかもしれません。

Japan

そういうわけで、今、面接の準備をしたりしています。それで、今日聞かれたのが、「日本で働いている間、オーストラリアでタックスリターンしなくていいの?」という、ごくまともな質問。長男よ!良くぞ聞いてくれた!

長男が、日本の居住者になって、日本で仕事をする場合には、オーストラリアでは申告の必要はありません。しかし、オーストラリアの居住者というスタンスを保ちたいのならば、日本からの収入は、「外国からの収入」ということで申告の対象となります。 日本だと、お給料だけの場合には、タックスリターンをしなくても良いので、楽になります。

ところで、ちょっと前にブログで書きましたが、オーストラリアに住んでおられる外国人の皆さん、これと同様で、オーストラリアに居住者というスタンスで住んでおられる場合には、海外からの収入をきちんと申告しないと、困ったことになるかもしれませんのでご注意くださいね!オーストラリア国税局が「海外収入や資産を正直に申告しよう」というプロジェクトを開始しています。心あたりがある方は、12月までに過去4年に遡って申告漏れがあれば、申告する猶予を与えられていますよ!

それにしても、日本に行く練習ということで、私に、こてこての日本語で自分の名前を呼ばせる長男!なんとなく心配ではあります(そんなことより自分が日本語の練習をしなさいと言いたくなる母です)。









所得税 | コメント(0) | トラックバック(0)

起業塾第三弾!事業購入とビジネスネーム

2014年07月18日
あ~寒い!!
でもすっきりした青空が広がるゴールドコースト、冬はまた格別です。

さて、ご報告が遅くなりましたが、先日、ハーディング法律事務所のハーディング裕子先生が「起業塾」の講師をしてくださいました。 今回の講義内容はビジネスの購入やリースについて。そして、ビジネスネームの登録についてでした。 私自信は、仕事柄、お客様のリース契約書、ビジネス購入や売却の契約書を拝見させていただきますが、やはり法律の専門家が見る観点とずれていることも多々あるので、大変勉強になりました。

また、ビジネスネームについても、他で同じ名前がないから登録しても、実際には、似たような名前を使い、商標を登録している事業主さんから異議申し立てが起こりうるということですから、気を付けなくてはいけません。ビジネスネームは、きちんとしておきませんと、看板や名刺、広告などを用意してしまった後に問題が発覚すると、泣く泣く名前を変えなくてはいけないことになりますから、重大問題です!

ハーディング先生、わかりやすく説明してくださって、ありがとうございました!

ところで、起業塾参加者もこれで3回目ということもあってなのか、時間的余裕があってなのか、質問もたくさん飛び交い、なかなか良い雰囲気でした。聞いておられるだけでなく、参加していただけるようになって、私はとても嬉しいです。

次回のスピーカーは、DW LegalのFrank Dwyer先生で、雇用についての講義をしてくださいます。雇用関連の問題で悩む事業主もたくさんおられます。もしも、このブログを読んで、是非参加したいという方がいらっしゃったら、是非ご連絡ください。

ところで、当事務所は、どうも忘れっぽくて、起業塾の写真を撮ってブログに載せよう!と毎回騒いでいるにも関わらず、一度も写真を撮っていないことに気が付きました。ハーディング先生の写真も撮っていません・・・今度こそ!!

Guitar
(うちの息子たちが日本でひと稼ぎしようと思って、ギターに何か書いていました。ストレートすぎて全然「起業」していないのと、日本語が下手なのと、ダブルで悲しいです。そうです。息子たちは「駅前ギター弾き」を企んでいます。)





セミナー | コメント(0) | トラックバック(0)

独立開業の厳しさ

2014年07月16日
今日は、とっても嬉しいことがありました。
3月半ばに、CPA Australia(オーストラリアの公認会計士協会)による、当所の「会計事務所としての質」に関する監査が行われました(品質監査とでも言うのでしょうか?)。 この監査は、開業している公認会計士事務所を(適当に)対象として選び、その会計事務所がCPA Australiaの基準にそって、きちんと運営されているのかを調査するものです。会計事務所を経営している知人の中には開業して5年ぐらい経つけど、一度も監査されていないというパターンもありますし、3年毎にされているという話も聞きます。何を基準に選んでいるのかは定かではありませんが、とにかく私も開業して4年ですから、いつ来てもおかしくなかったわけです・・・

CPA

でも、監査のために、いろいろ揃える書類もあり、また、お客様のファイルも開示しなければならないので、結構なプレッシャーです。もちろん、ファイルを開示するお客様には、同意を得なければいけませんが、ありがたいことに、皆さんとても協力的で、とっても助かりました。(お客様の税務内容についてが監査の対象ではなくて、当所がCPA Australiaの基準にそって仕事をしているのかとうのが対象になります。その点をお客様に説明し、同意を得ないと、ファイルの開示はできません。)

そして、今日、その結果が届きました!無事パスです。パスしない場合には、問題点を改め、そして再度監査の対象になります。その場合には、何と1500ドルもの費用を支払わなければなりません。もちろん、パスしないから営業を即止められるというようなことは、滅多なことが無い限りないようです。あくまでも目的は、CPA Australiaの品質をきちんと守っていくことにありますので、品質が改善されるまで、(しつこく)会計事務所はがんばらないといけないわけです。そして、一度そういうことがあると、ブラックリストに載ってしまうようです(結果、頻繁に監査されてしまう)。

パスして本当に嬉しいし、自身を持つことができました。良かった~

それにしても、一会計士として勤めていた頃は、こんなこと、考えもしなかったけれども、独立するって、本当に大変だなと(自分のことですが)思います。 監査もそうですが、CPA Australiaは、3年で最低120時間はセミナー、勉強会、コンファレンスなど、会計士としての勉強をすることを、会員(私たち)に義務付けています。これ、自分でやろうとするとお金はかかるし、時間もかかるし、勉強している間に仕事した方がいいのになぁと思ったり・・・それに、自分が「決断する人」なので、心細くなったり・・・

勤めていた頃には、いろいろと不満もありましたが、自分が経営する側になると、大変さや辛さがよ~く分かる今日この頃です。




事業 | コメント(0) | トラックバック(0)

センターリンクって・・・

2014年07月14日
センターリンク(社会福祉の政府機関です)で困っている方はいらっしゃいませんか?
今日はATO(オーストラリア国税局)に電話を何度かかけたのですが、どれもセンターリンク絡みでした。 その例を挙げると、「センターリンクが言っている家族の収入と、ATOに申告した内容が違う」とか「所得が非課税額に達しなかったら、そのようにATOに申告したのに、センターリンクは所得がいくらかというATOからの書類を出せと言っている(非課税ならば、所得をATOに申告する義務は課せられていないのに)」とか・・・4パターンぐらいありました。どれも、はっきりとした数字や情報を出さないことには、家族手当が止められてしまうので、死活問題です。

そもそも、ATOに電話をしたのは、センターリンクが、そのようにお客さんに指示したからなのです。しかし、電話をすると、ATOは、「センターリンクがATOに連絡をしなければいけない」という始末。擦り付け合い!? 電話に出た人たちも困っていたけれども、お客さんや私の方がよっぽど困ります!

以前にも、税申告する必要がないお客さんがいたのですが、センターリンクが税申告の査定書を出しなさいというので、仕方なく申告した方がいます。でも、なぜかATOが勝手に(?)判断して、申告の必要がないので、取り消されてしまい、センターリンクに何も出せずにいて、困って半年もかかってATOとやっと書類を出してもらったことがあります。

Centrelink

以前にも、「なぜ政府機関の横のつながりがきちんとできていないのか?」とブログに書きましたが、また書いてしまいました。休暇明けで、ちょっとキレ気味の私をお許しください。

でも、当所だけで4件ものセンターリンクがらみの問題、きっとたくさんの方が困っているはずです。
人数集まれば、センターリンクやATOに「もっと情報交換をきちんとしてください」って手紙書けるのになぁ。



所得税 | コメント(1) | トラックバック(0)

頼もしいセミナー軍団!?

2014年07月12日
日本から帰ってきて、2日経ちました・・・そろそろ身体も頭の調子も良くなってきたようです。

日本では本当にたくさんの人とお会いする機会があって、大変勉強になりました。昨日は、高齢者のご活躍に感動したお話をさせていただきました。 今日は、私がお会いした30代の若いプロフェッショナルの皆さんのことを少し・・・

去る7月7日の七夕の日に、東京で株式会社東京タックスコンサルティング代表の藤井健氏(税理士/財務アドバイザー)、同じく代表の柴田健次氏(相続税専門税理士/行政書士/税務訴補佐人)、そして株式会社リレーションシップマネージメント代表で1級ファイナンシャルプラニング技能士である清水誠悟氏とお会いすることができました。皆さん30代のエネルギッシュなプロフェッショナルです。

Japanese young tax consultants
とっても楽しく過ごさせていただきました。皆さん、頭が切れますよ~

オーストラリアで活躍される日本人に対して、相続税のこと、(日本の)資産運用や不動産市場のことなど、近い将来、オーストラリアでセミナーを開いていただけることを快諾してくださいました。

オーストラリアにいると、確かにインターネット、そしてソーシャルネットワークで、いろいろな情報が入ってはきますが、実際に日本のプロからのアドバイスや情報を得るのは難しいものです。また、オーストラリアで会計事務所を開業しているような私たちも、是非情報として頭に入れておきたいことがたくさんあります。とくに日本の国税局は、大金持ちの国際的税逃れを阻止する「超富裕層プロジェクトチーム」なるものが先日発足したというのではありませんか!日本のことを知らずにアドバイスをするのが本当に危険になってきました。

反対に、日本では、オーストラリアの税制などについての情報はかなり少ないらしくて、私たちがお役に立てることも多々あるように感じました。

ということで、若きプロフェッショナルたちによるオーストラリアでのセミナー開催、私の今年の課題となります。何かこんなことを話して欲しいなどというご要望があれば、どうぞコメントをお寄せくださいね~

賢く節税、または資産をうまく運用してゆく方法を、みんなで考えたいものですね。







セミナー | コメント(0) | トラックバック(0)

山形県は酒田市は素敵なところでした

2014年07月11日
ご無沙汰しています。
6月30日から昨日まで日本に行っていました。家族旅行も兼ねて、お客様や、ビジネス上是非お会いした方と有意義な時間を持つことができました。 この間、両親連れて箱根の温泉に行ったり、こどものお付き合いで買い物したり、もちろんガイドさんしたりで、ホリデーというよりは、なんだかハードなミッションを終了した気分です(笑)。そうそう、私がビジネスをしている間には、だんなと子どもたちは、世界遺産の富士山登頂をしました。・・・が、一泊した山小屋あたりで皆高山病にかかったようで、結構家族も頑張っていたようです・・・

Sleepy Boys
富士山登頂したけれども高山病で大変だった次男と三男

あじさい
箱根高山鉄道から見た紫陽花

さて、たくさんお話したいことがありますが、まずは、山形は庄内のお客様を訪れた時のことを今日はお話させてください。
まず、勉強不足の私は、山形=東北だから涼しいと思っていたのですが、なんと、フェーン現象が起こるところで、暑くて有名なのだということ・・確かに、暑かったです。しかし、風がよく吹くところとしても有名で、あちこちに大きな風車がありました。山あり、川あり、海ありの、それはそれは素敵なところでした。庄内で有名な見所は、出羽三山のひとつである羽黒山にある羽黒神社です。ここは、午年の神様としても有名で、年女の私は、お友だちの分までお守りを購入しました。いいことあるぞ!

羽黒山五重塔
国宝 羽黒山五重塔 夜はライトアップされるとのことです。

出羽三山へお参り

もちろん、食べるものも本当においしかったです。庄内はお米はもちろん、養豚も盛んで、それはそれはジューシーなトンカツをいただきました。そして、夜には、日本海でとれたお刺身やおすしが私を幸せにしてくれました。

でもね・・・今回の酒田訪問で、一番心に残ったのは、夜に連れていっていただいた酒田市内にある「ケルン」というバーです。ここのオーナーであり、現役のバーテンダーさんは、89歳の井川計一氏です。この方は、カクテル好きなら絶対に知っている(と思う)「雪国」というカクテルの生みの親です。 「雪国」は日本ばかりでなくて、海外でもスタンダードカクテルとして有名です。 「雪国」はウォッカをベースとした、薄い緑色のそれはそれは美しいカクテルです。89歳とは思えない、まっすぐな背筋でカウンターに立ち、ダイナミックにシェーカーを振る井川氏・・・かっこよくて、ただただ見とれてしまいました。

ケルン
山形県酒田市中町2-4-20にこのお店はあります・・・

井川さん
井川計一氏 マスコミからの取材も後を絶ちません
雪国
これが本家本元「雪国」

「ケルン」に連れて行ってくださったお客様も実は80歳で、ビジネスの第一線からは退かれていますが、それでも会社の顧問として、そして酒田市のために、本当に毎日忙しくされています。 私の父も86歳ですが、まだ埼玉県で酒屋をやっています。 私は80歳になっても会計士をしているのかどうかと聞かれたら、どうも疑問ですが、それでもいつまでもこうやって頑張れるっていうのは、すごいことですよね。 まだまだ私はひよっこだなと感じました。また、来週からがんばります!





未分類 | コメント(0) | トラックバック(1)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。