FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

身分証明について

2014年08月29日
今日は、ゴールドコーストは、ショーディ(農業祭の祝日)ということで、お休みでした。ここぞとばかりに、私は、息子を連れて、ブリスベンにある日本領事館にパスポート申請に行ってまいりました。(ゴールドコースト以外は、通常の業務を行っているので)

パスポート

すると、同じことを思うゴールドコーストの住人がいるらしく、領事館は結構混んでいました。かなり厳しいセキュリティー(私は靴を脱がされました。前の人は、ベルトを抜き取られていました)を通り抜け、無事申請しました。1週間後には、取りに行かなければなりません。

私にとっても息子にとっても、大事な身分証明書であるパスポートです。大事にしないといけません。特に、今現在、オーストラリアと日本の二つの国籍を持つ子どもたちにとっては、日本のパスポートは、「日本人である」という大切な身分証明証になります。しかし、それでもゴールドコーストに住んでいる私たちにとっては、パスポート申請と受取のために、ブリスベンに足を運ぶのは、結構大変です。(ゴールドコースト出張サービスの日を逃してしまったため!)

オーストラリア人が、オーストラリアのパスポートを取得するには、最寄の郵便局で申請して、書留でパスポートを受けることができるのと比べて、手間がかかります。外国に住んでいるので、日本に住んでいるようにはならないのは仕方がないことですが・・・

ところで、オーストラリアでは、身分を証明する場合、原本を見せる以外に、原本のサーティファイドコピーを提出するという方法が、よくとられています。

サーティファイドコピーとは、書類のコピーが、本当に原本のコピーであるということが証明された書類のことです。この証明ができるのは、オーストラリアでは、Justice of Peace (JP)、Commissioner of Declaration、または弁護士さんということになっています。 これらの人たちに、原本とコピーを提示して、コピーに、特別なスタンプとサインをしてもらい、証明してもらいます。

どんな時に必要かというと、税務や会計業務に関係する例として、以下が挙げられます。

- 医療税免除の場合
- スーパーアニュエーションのファンドから年金を引き出す時
- タックスファイルナンバーを、非居住者として取得する場合
- 会社設立の際、非居住者が役員である場合

JPは、よく、大きなショッピングセンターに決まった曜日に時間を指定して待機している場合が多いようです。または、最寄の裁判所でもこのサービスをしてくれます。どのJPに行っても、サービスは無料というのが原則です。

このJPたち、サーティファイドコピーを作ってくれる以外には、政府機関が必要とする宣誓書に署名するということもしてくれます。例えば、社用の車でスピード違反をしてしまった場合、罰金がかなり高額になりますが、車の運転をしていたのは、個人だということが証明されると、罰金はぐっと低くなります。警察からの宣誓書に、そういったことを証明してくれるのも、こういったJPたちです。こういったサービスのお世話になった輩も多いのでは?

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

完結 起業塾!

2014年08月26日
今日で6回目を迎えた起業塾、最終回です。
今日の講師はWeb Worldの杉山公一氏。「ネットビジネスとホームページによる集客」という大変「今」を感じる講義内容でした。当所のホームページも、最近、杉山氏にレニューアルしていただきました。これで集客バッチリと思いきや、まだまだ「やっていないこと」が多いことに気が付きました。 もっともっと、検索にひっかかる努力と技術を惜しまないといけませんね。

それにしてもネットは奥が深いことに驚きました。 SEO (Serch Engine Optimization 日本語で検索エンジン最適化)とSOSの区別もよくついていない私ですが 、そんなことを言ってはいられません。 プロのお知恵を拝借して、少しでもネットやホームページを利用していけたらと思います。

Kigyoujyuku 1

ところで、今日のセミナーにの裏はハプニング続きでした。
まずは、最後の懇親会にと思って注文していたサンドイッチが、届けられなかった・・・(ので、急遽おすしに変更)、そして、市役所から借りていたケーブルが、鍵がかかった他の部屋にしまったままになっていた、ケーブルにアクセスしたはいいが、サイズが不十分で、画面が青く光ってしまった、大きなケーブルはあるにはあるが、セキュリティーのかかった部屋に置いたままで取れずに立ち往生・・・最後には、会場の担当者の協力で事なきを得ましたが、なんてバタバタとしてしまったことか!

でも、最後に皆さんに感謝の言葉をいただいて、そんなハプニングがあったこと、忘れました。
講師として来ていただいた先生方、出席者のみなさん、最後にはみなさんでお片付けまでしていただいて、感謝です。

6回もある講義、みなさんお仕事があってお忙しいでしょうに、一生懸命お越しいただいて、私は嬉しかったです。

そして最後に、隔週の起業塾毎に残業してくれたAちゃん、Mちゃん、ありがとう!(またやるぞ~)
雇用 | コメント(1) | トラックバック(0)

10ドルで散髪

2014年08月23日
いつも兄弟で散髪をしあう息子たち・・・でも、たまにはプロのお世話にならないと、とんでもないことになります。今日はまさにその日で、末の息子をつれて散髪に行きました。美容院よりも床屋が好きな息子ですが、雨のせいでしょうか?どこも混んでいました。で、いつも気になっていた、事務所の近くにできた、どんなカットも10ドルという床屋さんに行ってみました。

サウスポートセントラルのあたりは、強風で、雨も横殴りでしたが、10ドルに目がくらんだ私たち親子は、がんばって床屋さんにたどり着きました。

床屋1
英語、日本語、韓国語、英語で、とにかく10ドルと宣伝!


床屋3
当事務所から徒歩30秒

床屋2
お店の中はこんなかんじ・・

まずは、10ドルでチケットを買います。そして、順番を待つのですが、今日は悪天候のせいか、全然待たずに済みました。 中央にあるテレビには、中国語のショーが流れています・・。まずはどんな風にしたいのか聞いてくれて、待つこと10分ぐらいで、仕上がってしまいました。 息子は、仕上がりに大満足。 細かい髪の毛を吸い取ってくれる、小型の掃除機のようなものでひと吹きして、すっきり。

得した気分・・・と思って、帰りにisweetでお茶してしまった私と息子・・・これがなければ本当に賢い親子だったのに・・・(やっぱり愚かな親子でした)


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

ネットビジネスとホームページによる集客

2014年08月21日
今日は、セミナーの宣伝です。
来る8月26日(火曜日)、Webworldの杉山公一氏によるセミナーを開催します。 「ネットビジネスとホームページよる集客」についてお話していただきます。場所はSouthport Community Centerで、開場は午後5:30、開始は6:00からとなっています。 このセミナー、起業塾第6回目のオオトリとなります。ですので、思い切って大きなお部屋にしてみました。だからまだまだお越しいただけます!既に起業した方も、そろそろホームページ、アップデートしたいなとか、効果的な集客を考えていらっしゃる経営者の皆さん、ふるってご参加ください。 

Web

会計事務所である当所も、ホームページからのお問い合わせ、結構いただきます。そんな中から、たくさんの良い出会いをすることもできました。集客だけでなく、ネットワーク作りにも、とても役にたっています。 そして、どんな人がどれだけ、ホームページにアクセスしてくださったのかを見る方法も、杉山さんから教えていただき、参考になっています。

詳しくは、当事務所のホームページをご覧ください。 予約制になっておりすので、ご参加いただく場合には、メールにてご予約お願いします。

http://ybabs.com.au/seminar/

全部で6回の起業塾、来週で最後って、ちょっと寂しいです。また、何かおもしろいセミナー/勉強会を企画したいです!







セミナー | コメント(0) | トラックバック(0)

電話に注意

2014年08月19日
今日もかかってきた電話でのセールス!多いのが電話代に関するもの・・・必ず、夕方の5時以降にかかってきます。
最初は割合に優しく対応していたのですが、最近は、私も最初から難癖をつけるようになりました。相手の声を聞いたとたんに電話をきってしまうこともありますが、ちょっとイライラしていると、以下のような不毛な会話をしてしまう私です。

相手「今日はお得なお知らせがあります。電話代とインターネット代がぐっとお安くなるんですよ」

私(電話を受け取ったとたんに機嫌がわるくなっている)「これは何かのセールス?」

相手「いえいえ、セールスなんてとんでもない」

私「セールスじゃあなかったら、どうして電話代が安くなるんですか?」

相手「セールスじゃあないんです。信じてください」

私「でも、お宅と契約しないと電話代が安くならないんですよね?」

相手「そうです、当社とご契約いただかないと、このベネフィットを受けることはできません」

私「じゃあ、あなたは私に、お宅のサービスを売ろうとしているから、セールスでしょ?」

相手「いえいえ、セールスじゃあないんです。ちょっと聞いてください・・・・・・」
と、相手が話し終わる前に電話を切る私。(普段はもっと優しい電話の対応しますよ~)

でもね・・・こんな電話はかわいいもので、最近は、オーストラリア国税局(ATO)の名前を騙った、悪質な電話詐欺があるそうですから、ご用心!手口は、以下のような感じらしいです(私の想像も入っています)。

Telehone


相手  「こちらはオーストラリア国税局の????と申します。 xxxxさんはいらっしゃいますか?」

納税者 「私がxxxxですが・・・」 (ATOと聞いたとたんにおびえてしまいますよね)

相手 「xxxxさんは、まだ納税していない税金が$1000あります。これは2005年からの分で、今すぐ支払っていただかないと、ATOは、xxxxxさんを、起訴いたします。または、場合によっては投獄されることになります」

納税者「え~っ!どうしたらいいですか?」

相手「次に私が申し上げる住所に小切手をすぐに送っていただくか、xxxxさんの銀行口座の詳細をお知らせください」

という具合・・・・

もしも、ATOが直接電話してきたら、まずは、相手の名前を確認の上、かけなおす、またはかけなおしてくれと言って電話をきりましょう。そして、ATOの代表番号である13 28 69に電話をして確かめるか、担当の会計士さんに相談してみましょう。

ATOは、大抵の場合、担当の会計士さんに、まずは連絡してくるか、手紙を送ってきます。いきなり訴えるとか投獄されるなんてことは言いませんから、騙されませんように!
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

流石は国際色豊かなオーストラリアだけど・・・

2014年08月17日
油断しているとすぐに変わっているオーストラリアの税法、日本のお客様のために翻訳するのは、結構大変な作業になります。もともと日本語で書いてあったりすると、大変助かります。

それで、時々、オーストラリア国税局やセンターリンクのホームページを見ては、日本語の説明がないかな~?と思っています。
今日は、2014年度のタックスリターンで変わったことを説明する資料を見ていたのですが、スペイン語、アラビア語、トルコ語、タイ語、韓国語、ロシア語、ベトナム語はすでに出ていましたが、なぜかというか、やっぱりというか日本語版はまだありません。そのうち出てきたらご紹介しますが・・・(出てくれば)

ちなみに、オーストラリア国税局の以下のサイトをみると、税金について、少しですが日本語で説明があります。でも、ちょっと怪しい日本語だと思うのは私だけでしょうか?でも、なんとなくは、言いたいことが分かるので、参考にどうぞ!

https://www.ato.gov.au/General/Other-languages/

センターリンクも、少し前までは、日本語の説明なかったのですが、今はあるようで、こちらの方が分かりやすいです。

しかし、今まで思っていたのですが・・・昔から、政府の機関、日本語の説明が少なかったように思います。他の言語はあるのに・・?
Japanese 2

これって、日本人が英語ができると思っているのか、それともお金があって、通訳を雇えると思っているのか?私のオーストラリアの七不思議です。移民の国、オーストラリアでは、日本人の絶対数がまだまだ少ない表れなんでしょうかね?

とは言え、ちょっと前より、かなり政府の機関、いろいろな言語に対応できるようになってきたようですが・・・

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

自宅で仕事・・・落とせる経費は何?

2014年08月14日
お蔭様で、タックスリターンのご依頼をたくさんいただく今日この頃・・・
よく聞かれる質問が、「家で仕事をしているんですが、家賃やローンの利息、経費で落ちますか?」というものです。

これは、なかなか奥が深い質問です。オーストラリア国税局では、Home office expensesと言って、結構細かく説明をしています。簡単に言って、雇われている状態で、自宅で時々仕事をする・・という場合には、経費となる部分はかなり限られてきます。しかし、事業を自宅で行っていて、事業を行っている場所が「特別に」設置されている状態ならば、経費の種類も増えてきます。例えば居間にラップトップを置いて仕事をしているだけでは、「特別」に事業の場所が設置されているとは言えません。

Home

誰かに雇われて、たまたま自宅で仕事をしている場合には、使っただけの電気代、コンピュータなどの固定資産の減価償却、電話代などは経費となりますが、家賃やローンにかかる利息は経費として認められません。

事業主である場合には、「特別」に事業の場所が設置されているのであれば、上記のほかに家賃やローンへの利息が経費となります(しかし、全額ではなくて、フロアープランにより%を算出する必要があります)

この場合の落とし穴は、自宅が持ち家であり、ローンにかかる利息を経費とする場合、自宅を売却して利益を得ると、その利益に税金がかかるということです。本来持ち家で、そこに住んでいるのであれば、売却によりどんなに利益が出ても、税金はかかりません。しかし、家の全体または一部を収入を得る手段に使った場合には、利益に対して税金がかかるのです(全額ではなくて、事業目的に使用していた部分のみ)。これは、事業でなくても、例えば自宅の一室を賃貸に出した場合でも同じことです(収入を得るための手段としているため)。

どちらにしても、納税者の状況や事業内容によって、考え方も違ってくると思いますから、疑問に思う方は、ご相談ください。
昨今はインターネットだけを使ってご商売をされる方もいますから、国税局も、もう少し柔軟な見方をしているとは思いますが・・・
所得税 | コメント(0) | トラックバック(0)

起業塾第5回 今日は保険について

2014年08月12日
今日は、ゴールドコースト、そしてブリスベンでもお馴染みの山口勉氏(North West International Pty Ltd)に、事業に必要な保険についてお話していただきました。

Yamaguchi 2

それにしても保険って、奥が深いんですね・・・
日本と比べて訴えられやすいオーストラリアですから、本当に気をつけなくてはいけません。とくに従業員や消費者の立場がかなり守られている国ですから、雇用主や事業主はあらゆるリスクを保険でカバーしておくに越したことはありません。

保険にもいろいろあって、物に対する保険、賠償責任に関する保険、そして人に対する保険と、大きく分けて3つになるとのことです。そして、その中でも細かく分かれていて、その事業のリスクの特色を考えて、山口氏のようなブローカーにご相談されるのが良いでしょう。

中でも今、トレンドと言っても良い保険の種類は、Management Liability Insuranceというもので、要は経営者側が職場で起こりうるリスクをカバーする保険です。役員や職員の賠償責任、会社の賠償責任、雇用に関する賠償責任(不当解雇など)、職場安全をおろそかにしたがために課せられる罰金をカバーする保険、セクハラ、パワハラ、そして差別に対する賠償責任、従業員による盗難からの被害をカバーする保険などなど・・・そして、職業柄、一番興味があるのは税務調査費用をカバーする保険です。これは国税局が事業主に対して監査をする場合、それをサポートする会計士の費用をカバーする保険です。

最後に、事業主が絶対に加入しなければならないのは、労災です。残念ながら会社のディレクターや個人事業主自身は加盟することができないので、他の種類の保険(例えば生命保険など)で何とかしないといけません。ですから、リスクが高いご商売をされている場合には、会社の事実上の経営者がディレクターになっていない場合が多いというのも興味深いお話でしした(例えば水道管工事の会社を経営している人は、奥さんに名前だけのディレクターになってもらって、自分はあくまでも従業員としているなど)。

私もささやかながら自分の会社のディレクターになっています。よく考えたら(よく考えなくても)リスクの高い商売です。
専門職の賠償責任、事務所の賠償責任などなど加入はしていますが、労災だけはカバーされていません。 ということで、危ない、臭い、大変な仕事は、なるべくスタッフに任せます~。でも、そうしたら雇用の賠償責任で訴えられるのか・・?
セミナー | コメント(0) | トラックバック(0)

ケアンズに行ってきてリフレッシュ!

2014年08月11日
こんにちは!ご無沙汰しています。水曜日から、三男の野球の大会でケアンズに行っていました。その前は、タックスリターンの稼ぎ時(?)ということで、ブログを書く暇があったら、ひとつでもタックスリターンをするという信念のもとにブログをお休みしていました・・・というと聞こえがいいですが、要するに怠けていました・・・

ケアンズに行ったのは、23年ぶりです。その当時のケアンズをあまり覚えていませんが、何だか何もかも立派になったような気がしました。びっくりしたのはスカイレールというゴンドラで、熱帯雨林や海を見ながキュランダの近くまで行けるということ!昔は、確か列車しかなかったかと思います。しかし、このスカイレール、片道1時間半かかるとのことで、そんなに長い間ゴンドラに吊られたままというのは、ちょっと怖いように思うのは、私だけでしょうか・・・?結局時間が無くて、スカイレール体験はできませんでしたが(ほっ!?)

それでも子どもたちの試合の合間に、ケアンズの街中にあるCairns Night Marketに行ったり、Hartley's Crocodile Adventureに行って、ワニの餌付けなどを見てきました。 Cairns Night Marketは、お土産やさんとマッサージをするところが多かったように思います。結構、お手軽にお土産が買えるので、観光客で賑わっていました。 Hartley's Crocodile Adventureでは、ワニの餌付けを見ることができます。結構迫力ありますよ!実は、こんなに長くオーストラリアに住んでいて、近くでワニを見るのは初めてでした。大きいんですね~。

Crocodile Paul

写真のワニは、Paul(ポール)くんと言って、体重700キログラムで、身長は4.6メートルもあるそうです。もっと大きいと5メートルを越えるワニもざらにいるようですね。 この2年毎に生え変わる丈夫な歯で噛み付かれたら、ひとたまりも無いでしょうね(汗)

そして、ケアンズでは、たくさんの日本人を見かけました。もちろん観光客もたくさんだし、いたるところで働いている日本人も・・・地元の野球場にも、日本人がちらほらと・・・野球場のクラブハウスでも、日本人チームが一生懸命働いていて、おすしはもちろん、チキンの照り焼き弁当、カツカレー、エビフライ、唐揚げもあって、大変お腹が満たされました。何だか「日本人が盛り上げるケアンズ」という印象を受けました。 そして、私も負けずにゴールドコーストを盛り上げたいなと思いました (だから、まずはタックスリターン!!)。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

番号覚えられるかな?

2014年08月02日
8月1日から、クレジットカードは全てピンナンバーが必要になりましたね。今まで、私はサインをしていたので、新たな番号を覚えなければならなくなりました。 クレジットカードは全部で2枚、そのほかに銀行のカードが事務所の分もあって3枚。その番号を全部覚えていないといけないのは、ちょっと(大分)苦痛です。

サインが安全か?ピンナンバーの方が安全なのか? サインだと、全くチェックされない場合もあるので、そう考えるとピンナンバーの方が確実なのかもしれないですね(盗まれなければ)。 いつもサインは見られていないのかと思いきや、一度サインを5回も書かせられたこともあります。見る人によって対応が違うというのは、確かに考えものですね。やっぱり、ピンナンバー優勢なのでしょうか?

ところで、今日は、初めてピンナンバーを使っての買い物でしたが、きちんと覚えていて安心しました。我が家では、クレジットカードで週末の大きな買い物をするので、番号を覚えていないと大変です。(何せ、男の子3人いるのでエンゲル係数がとにかく高いんです)

Shopping bag
週に一度まとまった買い物をしますが、この物価の高さ、どうにかならないでしょうか!?

それにしても、今の時代、覚える番号やパスワードが多いですよね!?こんなことを言うこと自体、時代についていっていないと自覚はしているのですが、わけが分からなくなる時があることを白状します。より安全にするためにわかりにくいパスワードにすると、あとで覚えていないし、書いておいたら危ないし・・・むむむ・・・

会計事務所としても、国税局から発行されている書類を発注しなければなりません。しかし!これにもパスワードが必要なんです。困ったことに、安全のために書き留めておかなかったら、このパスワードを忘れてしまいました。ですので、新たにパスワードを設定したのですが、これはパスワードを書いた紙をどこに保存したのかを忘れました(情けない)。 また設定したら、今度こそ覚えておかないとややこしいことになりそうです。

近い将来、指紋や角膜でスキャンしてアクセス・・・なんていうことになってくれた方が楽だろうなぁと、SF的なことを考えてしまう今日この頃です。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。