04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ワーキングホリデーさんと予算

2015年05月17日
先日発表された、オーストラリア連邦政府の予算、どう思いましたか?
去年と比べて、弱い者に優しいような気がします。小規模事業主の皆さんには、嬉しい内容でしたね。
当事務所のホームページにも、気になる点をアップしましたので、お時間あったら、のぞいてみてくださいね。(下のサイトをクリックすると予算案のまとめがでてきます)

ブリース洋子公認会計士事務所

ところで、ワーキングホリデーの皆さんは、2016年7月からは、絶対的な「非居住者」として扱われるようになるわけですが、そうなってくると、タックスリターンはどうなるのでしょうね?雇用主が、お給料から非居住者の税率で源泉徴収して、それで終わりになるのでしょうか?それとも、相変わらず、タックスリターンしないといけないのでしょうか? その点については、どこにも書いていません。

これまでは、非居住者として、雇用主から高い税金を差し引かれていたけれども、一年の半分を、一定の住所で過ごしていた場合などの条件を満たせば、居住者として、タックスリターンをし、それにより、税金の還付があったワーキングホリデーの皆さん・・・だからこそ、多少の会計費用を支払っても、タックスリターンをされていたんだと思います。しかし、還付が無くなるとしたら、タックスリターンをしたくない人が続出するのではないのでしょうか?それに、すること自体が無意味になってしまいますよね(少なくもとご本人たちには)・・・

working holiday

これにあわせて、スーパーアニュエーションはどうなるのでしょうね?
現在の法律では、雇用主は、従業員のお給料が月額税込で450ドル以上であれば、これに対して、9.5%の年金を、それぞれの従業員のファンドに振り込まなければなりません。ワーキングホリデーの従業員も例外ではありません。ワーキングホリデー、または暫定ビザ保持者のみなさんは、帰国する場合、オーストラリアを出国してから、払い戻しを受けることができますが、ここでも税金が差し引かれます。

雇用主を通して、年金を積み立てさせる政府の狙いは、国民が、国に頼らずに、老後を過ごせるようにする・・・というもののはず?だとしたら、外国人扱いのワーキングホリデーの従業員に対して、スーパーをかけさせる理由が、ますますわからなくなります。

この予算案が可決したあかつきには、細かいところが明確になることを祈ります。





スポンサーサイト
予算 | コメント(0) | トラックバック(0)

政府から年金もらうのも大変!

2015年05月03日
金曜日の雨はすごかったですね~
でも、週末はお天気が良くて、お洗濯に忙しいです。

さて、そんな悪天候の中、長年のお客様が事務所に、こんな素敵なお花をもって来てくださいました。

Flower

もう15年になるおつきあいです。今年の1月に事務所引っ越しをしたので、そのお祝いだそうです。嬉しいです!
そんなお客さまから伺ったのは、オーストラリア政府から老齢年金を受け取る手続きの大変さ!オーストラリアでは、おそらく日本よりも政府のオンライン化が進んでいるため、お年寄りにとっては、かなり大変な作業になるようです。そして、オンラインで申請ができない場合には、申請用紙に必要事項を記入して、センターリンクに提出しなければなりません。これが、見てみたら、なんと25ページにもなります。

日本だと、おそらく社会保険労務士と呼ばれる人たちが、年金受け取り手続きのお手伝いをしてくれるのだと思いますが、オーストラリアには、それにあたる職業はありません。 会計事務所では、そういったサービスはしないのか?と聞かれました。 答えは・・・おそらく、やればできると思います。 しかし、いました!それを専門にやっている職業の人たちが・・・
ファイナンシャルプラナーです。ファイナンシャルプラナーというと、投資、資産運用・・という印象ですが、政府からの年金受け取りの申込も専門にしてくれるところがあります。おそらく、どうしたら、最大限に年金を受け取れるか・・といったアドバイスをもしてくれるはずです。

以前のブログにも書きましたが、条件が揃えば、将来日本に帰っても、オーストラリアから年金を受け取ることもできる場合もありますからね~。オーストラリアで、たくさん税金を支払ってきた方、調べてみる手はありますよ。日本語で対応してくれるファイナンシャルプラナーもいますから!

わかってすっきりしました~
では、素敵な1週間にしましょうね。

センターリンク | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。