05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

オーストラリアの不動産投資と税金

2017年06月25日
久しぶり過ぎて、ブログのアップの仕方自体忘れていました(汗)。

でも、ここ数週間で、「書かなきゃ」って思うことがありました。それはオーストラリアの不動産投資と税金のこと。
実は、来たる7月12日に、弁護士さんと一緒に不動産投資セミナーを開催します。メインでお話するのは、先日発表されたオーストラリア連邦政府の予算案で、不動産に関すること。今回の予算案は、オーストラリアの国籍や永住権を持たない、いわゆる外国人に対して、厳しい内容です。オーストラリア人にとっては、おそらくどうでもいい内容かもしれません(実害がなさそうなので)。

詳細はセミナーでお話するとして、ここ2週間ぐらい、不動産投資に関するお問い合わせの数がすごいことになっています。予算案を聞いての悩み相談はもちろんですが、負けないくらい多いのは、2件の家を持っていて、どちらかを貸していたのですが、それを売るとオーストラリアでは税金かかりますか?....といった内容です(質問者様は、ほとんどの場合、永住権の方)。過去、タックスリターンしてませんが大丈夫ですよねという内容も(大丈夫じゃないです)。

ムムム...とても電話やメールではお答えできません。ケースバイケースですから....
基本、オーストラリアではメインで住んでいる家族の家(メインレジデンス)を売って利益を得ても、税金はかかりません。でも、投資物件の場合にはかかります。 なので途中でメインレジデンスを人に貸したら、課税対象になるかもしれません。.... 「かも」です。 絶対かかるか、かからないか、少しはかかるか、状況によります。賃貸に出していた期間、その間どうしていたのか? 夫婦別居だったとか、などなど、根掘り葉掘り聞かないと答えは出ません。

しかも一件が日本で、もう一件がオーストラリア…とか、日本の相続税が絡んでくると一筋縄ではいきません。

7月12日のセミナーのフォーカスは、外国人の投資家に対しての連邦政府の変更点だと思っていましたが、どうやら一般の投資家さんからのこういったケースについてもお話した方が良さそうですね。

オーストラリアの不動産は、ハワイや北米に次いで、富裕層にかなりの人気だと聞きました。この道極めないとです。

尚! 日本在住の方からも、ご相談のご要望頂いています。近いうちに日本出張を計画していますが、面会ご希望の方は、ご連絡ください。また、本ブログへのご質問の方も、事務所までお問い合わせください。ブログへのコメントという形でお問い合わせいただいても、お返事は出来かねます。

お問い合わせとセミナー参加申し込みの方は、下記までメールかお電話でお願いします。

メール info@ybabs.com.au
電話 (国外) +61 7 5667 9245. (国内)。 07 5667 9245



スポンサーサイト
投資 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。