06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

家族が3人に!?

2015年01月22日
この前、お正月になったと思ったら、もう1月も22日で、来週からは学校も始まりますね。
学校の休みが長すぎて(12月始めから1月の終わりなんて、長すぎますよね?)、何だか教育なんてどうでもいいではないかという錯覚さえ覚えます。

さてさて、我が家には3人の息子がいます。長男は大学卒業したての20歳、次男は、高校卒業したての18歳、そして三男は14歳(日本でいう中学校の2年生です)です。

この度、次男がもっと野球をするために、日本に10か月ほど行きます。 ひとりで知らない街に住んで、自活して、アルバイトをしながら、チームの皆さんと一生懸命に練習します。 この3月から地元の大学に入ることが決まっていましたが、休学して、自分を試すことを選びました。ご縁があって、親切な方々にめぐりあえて、せっかくつかんだチャンス、後悔をしたくないから行くことになりました。 親である私も「行かせなかった」ことを後悔したくないので、行かせることにしました。 以前から日本で野球をしたいと言っていた次男、できる限り希望を叶えてあげたいとは思っていましたが、急に降ってわいた話なので、心がついていけないというのが本当の気持ちです。願いが叶って良かったねという気持ちと、ひとりで大丈夫?という気持ちと半々です。

そして、大学卒業したばかりの長男も、この後大学院に行くか就職するか、まだ迷っていますが、まずは日本で英語を教えてみようということになりました。他の可能性としては、イギリスに行って、好きなサッカーをしながら仕事をするということのようです。

何だか一気に子どもたちが飛び立ってしまうようで、私も旦那もとても戸惑っています。
思えば、私も、そうやってオーストラリアに来たのが25年前(そして、旦那も家を出たのは17歳の時)・・・親の気持ちなんて考えずに遠い所に来てしまいました。

Family

子どもの人生は子どものものだと分かってはいても、何だか溜息がでる今日この頃・・・子離れできていない証拠ですね。でも、親にできることは、見守ること、そして求められれば、子どもに気づかれないように手を差し伸べることなんですよね・・・私の両親がそうしてきたように。 そして、旦那をもっと大事にしなければいけませんね~。






 







スポンサーサイト
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
自分の両親も洋子さんと同じ思いで私を送り出してくれたのだろうか。。。と思うとホロッときました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。