05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

申告、間違ってもあわてなくて大丈夫

2015年02月04日
気が付いたら、もう2月ですね・・・
あっという間にクリスマスになることでしょう(笑)!

長いお休みも終わって、お仕事モード全開になりましたか? 事業主の気分には関係なく、いろいろな申告の時期がせまっています。その最初が、消費税申告です。オーストラリアでは、3か月に一度の申告となりますが、期限は、四半期の翌月の28日というのが通常となります。つまり、会計年度が始まる7月から始めて、7月から9月分の申告は、翌月の10月28日・・・ということになります。

しかし、さすがに年末年始の休暇が長い国だけあって、10月から12月分については、何と、翌年の2月28日が申告の締め切りとなります。今年については、28日が土曜日のため、3月まで大丈夫・・しかも、なぜか3月3日が締切です。

そして、その次の四半期、つまり1月から3月については、4月28日が締切となります。年末に楽をした分、4月にえらい目にあうことになります。 尚、会計事務所を通して申告される方については、更に1か月ほど延長があって、例えば、本来ならば10月28日締め切りなのに、会計事務所を通すと11月25日が締め切りとなります。出足の遅い事業主さんは、会計事務所に依頼すると、時間は稼げますね・・実は、私も出足の遅い事業主でして、職権乱用で、会計事務所の延長ぎりぎりで出しています(汗)。お客様の申告が済まないのに、自分のところのを出している場合ではないのです(開き直り)。

自分で消費税申告を用意しているという事業主の皆さん、通常の業務の他に、こういった経理や申告は、重荷ですよね?一日の仕事が終わって、まだ事務処理をしなければならないとなると、疲れも増すことでしょう。普段しないような間違いをするかもしれません。桁を間違えたり、数字を記入する場所を間違ったり・・・

Mkistake 2

でも、間違っても大丈夫ですよ。消費税申告の間違いについては、オーストラリア国税局は、結構寛大です。悪意のある間違いでなければ、気が付いた時点で連絡したら良いのです。また、訂正申告をすることも可能です。

消費税申告は自分でするけれども、年度末の会計は、会計士に任せているという事業主さんもいらっしゃいます。きれいに準備をされている方もいれば、「あと一息!」という場合もあります。年度末会計で、約1年前の消費税申告の間違いを発見することもあります。でも、その場合には、次に出す消費税申告で調整をすれば大丈夫な場合が多いです。 金額が大きすぎたり、あまりにも時間が経ってしまった場合には、訂正申告をします。

もちろん、間違わないのに越したことはありません。 でも、間違っても世の終わりではないということが分かれば、少し肩の荷がおりませんか?
スポンサーサイト
消費税 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。