FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

タックスリターン申告の締め切り

2014年04月22日
連休明けの仕事はつらいですね~
今日は、自分に喝を入れるためにも、申告締切について書いてみますので、お付き合いください。

Tax Time

オーストラリアの会計年度は7月1日から翌年の6月30日。ということは、普通で考えると、会計事務所というのは7月から10月ぐらいが忙しいのかな・・・?と思いますよね。でも、今、忙しいのです!威張っているわけでもないし、嘆いているわけでもないです。それどころか、感謝しています!でも、忙しさの原因というのは、2012年7月1日から2013年6月30日である2013年度の決算書や税申告の準備をしているためです。・・・そうです!約1年前の仕事を今しているんです。

これには、オーストラリア国税局が設けた気の長い申告期間に理由があります。
そもそも、自分でEtax などを使って申告をする人たちは、10月31日までに申告することが義務付けられているのですが、私どものような会計事務所をご利用いただくと、何と、最長で翌年の6月5日まで申告期限が延長されるのです。ただし、その決まりというのが、ちょっとややこしいので、締め切り日を以下にまとめますね(2012年7月から2013年6月の申告を例とします)。

まずは自分で申告する場合には例外なく以下のみ
・自分で申告する人(個人でも、会社でもトラストでも、何でも)― 2013年10月31日

会計事務所を通す人や事業
・申告とともに納税ができる/納税の必要がない個人、トラスト、パートナーシップ ― 2014年6月5日
・納税義務がある会社― 2014年5月15日
・納税義務がない会社― 2014年6月5日

ただし!前年度に期日通りに申告していない場合には、上記の延長が認められない場合もありますので、必ず会計事務所さんに確認してもらいましょう。反対に、病気だった、自然災害に遭ってしまったなど、大変な理由がある納税者に対しては、オーストラリア国税局は、最長で4週間の延長を認めてくれる場合もありますから、そんな場合にも、これまた会計事務所さんに相談してみてくださいね。

という訳で、今年もお陰様で、6月の初めぐらいまで忙しそうですが、1か月もたたないうちに翌年度に入り、今度は個人のタックスリターンで忙しくなります。なんだかデジャヴのような人生です。そして、最後に告白します。実は、私、自分のタックスリターン(2013年度)まだ申告していません!6月7日までになんとかしないといけません。「医者の不養生」ならず「会計士の怠慢」でした。でも、お客様の分は、間に合わせていますから、ご安心を!
スポンサーサイト
所得税 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。