FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

保険のススメ

2014年05月20日
昨日、州政府宰相のCanbell Newmanさんから、お手紙をいただきました・・・もちろん、個人的にはではありませんが・・・
何と、クィーンズランドの労災の保険料が、2014年7月1日から下がということです。

Cambell Newman

これにより、クィーンズランドの労災保険料は、オーストラリアで一番低くなると、お手紙に書いてありました。これまでは、$100のお給料につき、$1.40の保険料だったのが、$1.20になります。ただし、職種により、実際の保険料を算出する指数が異なりますから、本当に減少する金額は異なってくるかと思いますが・・(リスクの高い職種だと指数が高くなる)

ところで、労災でカバーされるのは、どんな人たちかご存知ですか?従業員だけだとは限りません。ABNを持つ契約社員の人たちもカバーの対象になります。ただし、会社の場合には、ディレクター、個人商業(Soler Trader)の場合には、個人経営者、パートナーシップの場合にはパートナーは、労災の対象になりません。 解決策として、Income Protection(収入保障保険)という保険に加入されることをお勧めします。簡単に言えば、怪我や病気で仕事ができない場合、本来の収入の75%までを保険が払ってくれるというものです。しかも、生命保険とは違って、税金控除の対象となります。

保険について、もうひとこと・・・
もしも国税局が、事業の税務に関して、監査をするような事態になった場合、大抵の場合、会計事務所の立ち合いが必要になります(きちんご記帳して、整理してあれば別ですが・・・)。 そんな時、「監査保険」に加入しておくと、そういった費用を保険が払ってくれるというものです。ただし、監査の結果、追徴金や罰金を課せられた場合、それはカバーしません。

何もないことには越したことはありませんが、保険、入っておくと安心ですね。とにかく、クィーンズランド、偉い!
スポンサーサイト
事業 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。