FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

学校に行きなさい!

2014年05月30日
昨日、三男が、3泊4日の学校のキャンプからお疲れの様子で戻ってきました。
3泊、テントでお友だちと過ごすと、やっぱり子どもながらに疲れるでしょう・・・

しかし、学校の言うことがよく分かりません。キャンプから戻ってきた次の日は、「学校に来たくなければ来なくて良い」とのこと。もちろん、休みたいのが人情というもの・・・しかし!(オーストラリア人ですが)昭和の親父がいる我が家では許されず、三男は学校へ行きました。

私は、三男はきっと休むのだろうと思って、まだ申告していない自分のタックスリターン(締め切りは6月5日ですから、あせっています。医者の不養生ならず会計士の未申告)などを自宅でやろうと、事務所からいろいろなファイルを持ってきていました。でも、子どもが全員自宅にいないのでは、家に居ても仕方がないので、やはり事務所にて仕事をすることにしました。 

いつも思うのですが、なぜ、学校は、そういう時、正式に休みにしないのかということです。今までにも、例えばですが、年末の学校最後の日が、12月14日の金曜日だと学校側はニュースレターなどで親に知らせます。 でも、子どもたちには、金曜日は、来たくない人は来なくて良いと先生方はおっしゃいます。そういうことが、小学生のころからありました。 この日に学校に行った子どもたちは、(もちろん遊び半分でしょうが)お掃除をして過ごしていました。

どうして、学校は、木曜日を最終日にしないのでしょうか?または、金曜日を最後にして全員でお掃除すればいいのに!と思います。私が子どもだったら、学校が終わったのに、もう一日行くのは、罰ゲームのような気がするのですが・・・

それよりも、働く親としては、こういうことはとっても困るし、気分が良くありません。自分が働いていなければ、子どもも休めるのに!と思ったことが、子どもが小さい頃には、何度かありました。母親としての「負い目」のようなものなのかもしれませんね。

ちょっとキャンプに行ったぐらいで、学校を休んでも良いという学校についても、それでいいのか?と思います。私も結構親父化しているかもしれません。

School






スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。