FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

事業主はやることがたくさん!

2014年09月01日
今日は暖かい9月の第一日となりましたね。
今年のゴールドコーストあたりのお天気予報は、8月に雨が多かったので、夏は暑くなるのではないかということでした。寒いのは嫌ですが、暑いのも辛いですね・・・

さて、そんなお天気のせいではないと思いますが、おかげさまで、これから事業を起したいという方からのお問い合わせをよくいただきます。いろいろな事業形態があるかと思いますが、それでも最低限やることは同じですので、ちょっと今日はおさらいを!

Skip Business
やればできるよ!(えっ!自分の犬に期待しすぎですか?)

まずは、会社であれ、トラストであれ、個人事業であれ、まずは事業を起したら、タックスファイルナンバー(TFN)とオーストラリアビジネスナンバー(ABN)を取りましょう。オンラインでもできますが、最近、オンラインで聞かれる質問が複雑になってきていますから、そんな場合には、ご相談くださいね。

次に、屋号をもつのであれば、屋号登録もしなければなりません。既に同一の屋号がなくても、似たような名前が他で登録されていると、その屋号の持ち主から、「待った」がかかる可能性がありますから、慎重に!特に最近は、おすしのレストランが多いオーストラリアです。同じような屋号が出回っています。気をつけましょう!できたら、事業のロゴなども登録しておくのが良いでしょう。(そうすると、他の事業主が似たようなロゴを使えませんから)

他には、消費税の登録と、従業員のお給料からの源泉徴収税の登録です。消費税は、年間の売上が7万5千ドルを越えると予想できる場合には、登録が義務付けられています。しかし、売上が7万5千ドルに達しなくても、輸出業などの方は、経費にかかる消費税の還付をうけることができるので、登録しておくとお得だと思います。従業員がいる事業の場合には、従業員のお給料からの税金を源泉徴収するために、源泉徴収の登録も必要になります。徴収した消費税や源泉徴収税は、3ヶ月に一度の消費税申告で、一緒に申告して、納税します。会計事務所に頼らずにご自分で申告される方は、それぞれの四半期の翌月28日が締め切りですから、ご注意ください(例えば7月から9月は10月28日が締め切り。ただし10月から12月の分については、年末年始の休暇が入るため、1月28日ではなくて2月28日が締め切り)

尚、従業員がいる場合には、年金の支払いも期日とおりにしなければなりません。月額のお給料が450ドル以上支給される従業員につては、現在はお給料の9.5%を最低積立額として、従業員のファンドに積み立てていく義務があります。基本的には毎月積み立てるべきですが、最低でも3ヶ月毎の積立を翌月の28日までにすれば、罰金は免れます。(そうです!期日とおりに積み立てないと、罰金がかかります。それどころか、いつまでも支払わないでいると、事業主個人が負債を負うことになります!)

そして、これまた従業員がいる場合には、労災に加入します。クィーンズランドの場合には、Workcover QLDというところで見積もりをとってもらい、加入します。

最後に、オーストラリアでは会計年度が6月30日閉めとなりますが、これを過ぎたら、年度末決算の準備に入ります。基本的には、通常の記帳をしっかりしていれば問題ないのですが、在庫があるような事業の場合には、6月30日時点の在庫を確認しておくのが良いでしょう。売掛金や買掛金も把握しておくことをお勧めします。 そして、従業員がいる場合には、PAYG Payment Summary Statementという源泉徴収票を、従業員に7月14日までに渡さなければいけません。

以上、駆け足で、まとめてみました。既に事業をされている方には、「釈迦に説教」になってしまいましたよね?これから事業をされる方で、これを読んで、「ええっ!こんなに!?」と思われている方、やればできますよ~。大丈夫です。
スポンサーサイト
事業 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。