06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

住んでいる家を売る

2014年10月12日
今日も晴天のゴールドコースト、気持ちの良い日曜日でした。
うちのご近所さんが、今日は引っ越しました。お天気に恵まれて良かったですね。お家は、売れてしまいました・・・いくらで売れたのかは、近所に住む者としては、興味をそそられます(笑)。

ゴールドコースト

ところで、オーストラリアでは、自分が住んでいる家を売却して、売却利益が出たとしても、そこには税金はかかりません。ただし、以前にも少しお話しましたが、その家から賃貸収入を得る場合、要するに投資物件になった場合には、売却利益に対して税金を支払うことになる可能性があります。

なぜ、「可能性」かというと・・・ 家を賃貸に出したからと言って、全部が全部、税金の対象になるわけではないからです。
オーストラリアの税法上、6年間ルールというのがあるんです!例を用いて説明しますね。

スミス家がゴールドコーストに住んでいるとします。持ち家です。しかし、スミス家のお父さんがシドニーに転勤になりました。期間は5年です。ゴールドコーストの家は、気に入っているし、将来価値が上がりそうなので、転勤中は、賃貸することにします。スミス家は、シドニーでは、家を買わないで、賃貸することにしました。

この場合、ゴールドコーストの家からの賃貸収入は、スミス家にとっては、もちろん課税所得となりますから、5年間タックスリターンで、きちんと申告します。

5年後に、シドニーを気に入ったスミス家は、ゴールドコーストの家を売却して、シドニーで家を購入することにしました。売却利益は$100,000です。普通に考えると、ゴールドコーストの家は賃貸していたので、売却利益に対して、税金がかかると思いますよね?しかし、この6年ルールにより、「住んでいた家を賃貸に出して、他に家を所有しなければ、6年間までならば、例え売却利益が出ても、そこには税金はかからない」のです。

これから、日本に帰ろうかな?でも、まだ分からない・・・という皆さん、6年間は考える時間がありますよ。ゴールドコーストの家を賃貸に出しておいて、6年以内にまた帰って住むという技も使えるかと思います。いかがでしょうか?

でも、ゴールドコースト、良いところですよ~。


スポンサーサイト
キャピタルゲイン税 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
Re: No title
> はじめまして。興味深くブログの方を読ませて頂きました。お子様たちも巣立ちされご夫婦2人となられた心境、お察し申し上げます。実はアドバイスを探しております。と言うのシドニーには持ち家がありただ今夫の国のヨーロッパに住んでおります。こおは賃貸です。トータルシドニーには12年住んでおりまして5年前にこちらに来ました。(2009年)そしてその持ち家は賃貸として貸しており毎年夫は所得税の申告はしております。がしかしそろそろシドニーへ戻って来ても良い時期ではないか、と言うことで持ち家を売るか、と言う案も出てきております。けれども売るとなると海外在の人が持ち家を売った時に出るキャピタルゲイン タックスがものすごくかかり?また1年実際自分たちが住めばタックスにはあまり影響がでないとか。詳しいことはまだ政府のサイトで確認しておりませんが何かアドバイスがあればよろしくお願い致します。

久美様
お返事おそくなってすみません。
今日本に来ております。
大変申し訳ないのですが、久美様のメールアドレスを、事務所のメールアドレスまでいただけますか?
yoko@ybabs.com.au
まで・・・

お返事そこからさしあげたいと思います。

ブリース


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。