04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日豪共同セミナー開催

2014年11月14日
週末から日本に来ています。 その主な目的は、東京での日豪共同セミナーでした。
私は、オーストラリアの税概要をお話させていただきました。日本側からは、贈与・相続税について、神戸の笹倉会計事務所の野村氏にお話しいただきました。

野村先生
野村氏

AOMビザコンサルティング代表の足利弥生氏には、オーストラリアの魅力とビザ申請について、解説していただきました。 スターツコーポレーション株式会社の鈴木健司氏にはゴールドコースト不動産の魅力を、オーストラリア弁護士であるハーディング裕子氏には、不動産売買について教えていただきました。

裕子さん

最後には、スイス銀行の現役プライベートバンカーによるプライベートバンクの仕組みと資産運用という、普段ではあまり聞くことができない、お話を伺うこともできました。

そして、今回は、日豪会計士+豪弁護士によるパネルディスカッションが、私的には目玉だったかなと思っています(あくまでも私的にはです)。・・ある程度、話す内容は決まっていましたが、出席者からの困難な質問や、パネラーによる裏切り行為とも言える(?)台本にない質問に、タジタジしてしまったところもあったけれども、それはそれで面白かったです(笑)。大根役者なりに練習はしていきましたが、今度は、台本なしのほうが面白かもしれません。

洋子
私です・・・

素晴らしい気候、高水準な教育、1時間しかない時差(日本とクィーンズランド州に限ってですが)、ゆったりとしたライフスタイルなど、オーストラリアの魅力については、たくさん挙げることができます。それでも、現実問題、日本の富裕層がオーストラリアに移住するのは、容易なことではないのかもしれません。 問題点はいくつかあると思います。オーストラリアでは、永住権を取得してしまうと、世界中どjこからの収入も課税対象になってしまうことや、税率の高さ、物価の高さなどが挙げられます。しかし、いろいろな知識を得ることにより、これらの問題点をクリアー、または最小限にしていくお手伝いを、少しでもしていけたらいいなと思います。

遺産相続税・贈与税がないオーストラリアでは、定期や州債に投資することで、高額な利息収入を得ることができることや、永住権を得るまでは、外国からの投資収入や資産売却利益には、オーストラリア政府は課税できないことなど、オーストラリアの会計士としては、プラスな点として挙げさせていただきました。 これに、日本の税理士さん、プライベートバンカー、ビザコンサルタント、不動産業者、弁護士さんが加わることにより、ワンストップで、お客様の状況を分析・アドバイスできると思います。そして、なんと言っても、それぞれの講師の先生には、この他にも幅広いネットワークがあります。この講師陣に限らず、他のあらゆるプロフェッショナルたちとともに、よりよい案をご提供できることでしょう。

継続的に、こうった機会を持っていきたいかと思います。

ちなみに、今回の日本行の第一の目的はセミナーでしたが、このほかに各界のプロフェッショナルの皆さんと親睦を深めるということもあり、この後の打ち上げは、西麻布の権八で行われました。初めて行きましたが、映画「キル・ビル」のセットの参考にしたお店ということで、圧巻でした。私は、どちらかというと、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」という映画を思い出したかな・・・?この件は、フェイスブックにて、お写真アップします。


スポンサーサイト
セミナー | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
お疲れ様でした!
裏切り?はあったものの、無事に終えたようでよかったです(・´з`・)大量のファイルたちが待っていますので早く帰ってきてください(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。