03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

オーストラリア政府からもらえる老齢年金

2014年11月30日
水害についてのブログを書いてから、ちょっと時間がたってしまいました。何と、洗濯機はまだ直っていません。ですので、かれこれ2週間、コインランドリーに通っています。何といっても5人分、しかもそのうち4人が男なので、毎日、出勤前または夕食後に洗濯しに行っています。でも、明日には、やっと修理の人が来てくれる模様です・・・

しかし、ここはオーストラリア・・・絶対に来てくれると期待してはいけないということは嫌というほど承知しています。
そんなわけで、洗濯に忙しかったんです~。それにしても、このサービスの悪さ・・・オーストラリアは先進国のはずなのですが、サービスとなると、もっと発展して欲しいものです。

復帰の第一弾(?)として、今日は、センターリンクからもらえる年金についてお知らせします。

オーストラリアには、雇用から積み立てられる年金、スーパーアニュエーションとは別に、国から受け取ることができる老齢年金があります。一定の年齢に達し、永住権またはオーストラリア国籍保持者で16歳から老齢年金受給の年齢までの間に10年間以上オーストラリアに住み、一定の資産額と収入額に達していなければ、政府からの老齢年金受取の資格があります。2014年現在では65歳になれば受取資格はあります。もっともこの年齢は、2035年度までには70歳に引き上げられるそうですが・・・

資産については、持ち家があるか無いかにより、違ってきます。持ち家がある人だと、独身者でと収入額によっては、受け取ることができません。例えば、夫婦の場合、持ち家がある場合には、合計資産が$286,500未満ならば、年金をフルで受け取れます(独身者の場合には$202,000)。しかし、持ち家が無い場合には、合計資産が$433,000ならばフルで受け取れます(独身者の場合には$348,500)。この資産額計算には、持ち家は含まれていません。

収入については、独身者の場合には年間で$48,584未満の収入ならば少しは年金を受け取ることができます($4,160未満ならばフル)。また、夫婦であれば合計$74,360未満の収入ならば少しは年金を受け取ることができます($7,384までならフル)。

そして、2008年に締結された日豪の社会保障協定により、日本に帰ったとしても上記の条件さえ満たしていれば、オーストラリア政府から年金を受け取ることができます。届出をしないといけませんが、オーストラリアに住んでいた頃に一生懸命に高い税金を支払ったという皆さん、試してみましょう!以下をご参照ください。

http://www.nenkin.go.jp/n/www/share/pdf/existing/agreement/pdf/australia/2-5.pdf

日本とオーストラリア


当所でもお手伝いできますが、専門にやっているファイナンシャルプラナーさんもいるようですよ!
センターリンク | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示